ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月03日 12時53分 公開

通信機能付きクレジットカード、日本で展開へ ソフトバンク

ソフトバンクが、通信機能などを搭載した“IoTクレジットカード”を開発しているDynamicsと、日本展開について協業を検討している。

[ITmedia]

 ソフトバンクは10月3日、通信機能などを搭載した“IoTクレジットカード”を開発しているDynamics(米国ピッツバーグ)と、日本展開について協業を検討していると発表した。2019年以降、同社のクレジットカードを日本でも提供する考えだ。

photo

 Dynamicsは、通信機能とディスプレイが付いたクレジットカード「Wallet Card」を開発している。(1)データが漏えいした場合、銀行が口座番号をすぐに変更、クレジットカードに反映できる、(2)利用者が1枚のカードを、クレジットカード、プリペイドカードなど複数の役割を切り替えながら使える、(3)銀行が何もデータが入っていないカードを発行し、利用者がカード情報をダウンロードして使用する、(4)カードで何かを購入すると、ディスプレイにメッセージが表示され、身に覚えがない場合は「私ではない」を選んで報告できる――などの活用を見込んでいる。

 戦略パートナーとして、ソフトバンクが通信・ネットワークのサポートを、ソフトバンク コマース&サービスが企画・マーケティング、販売を担当する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.