ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月04日 18時24分 公開

手数料無料の送金アプリ「Money Tap」公開 国内3銀行と連携、Rippleの技術活用

スマートフォン向け送金アプリ「Money Tap」が一般公開。住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行と連携し、口座から口座に直接リアルタイム送金できる。

[ITmedia]

 SBIホールディングス子会社のSBI Ripple Asiaは10月4日、スマートフォン向け個人間送金アプリ「Money Tap」(iOS/Android)を一般公開した。住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の銀行口座と連携し、口座から口座に直接リアルタイム送金できる。分散型台帳を手がける米Rippleの技術を活用して実現した。

photo 「Money Tap」
photo 利用イメージ

 連携銀行の口座をインターネットバンキング登録して利用する。1回3万円、1日10万円以内の送金であれば送金手数料は無料。「少額送金でもキャッシュレス化を促進する」(SBI Ripple Asia)のが狙いだ。口座番号を指定しての送金のほか、携帯電話番号やQRコードを使った送金もできる。

 SBI Ripple Asiaは、仮想通貨「XRP」などで知られるRippleとSBIホールディングスが共同設立したベンチャー企業。Money Tapは、Rippleが銀行向けに提供している即時送金システム「xCurrent」を実装した決済プラットフォーム「RCクラウド2.0」を用いて開発した。

 Money Tapと連携する3銀行では、4月から一部利用者に向けて試験運用を行っていた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.