ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年08月20日 18時01分 公開

みずほ銀行らがキャッシュレス決済の実証実験 スマホアプリでQRコード読み取り

みずほフィナンシャルグループなど5社がスマホアプリを使ったキャッシュレス決済サービスの実証実験を北九州市で実施する。銀行口座からスマホアプリに電子マネーをチャージして加盟店での支払いに利用。QRコード決済サービスの利便性などを検証する。

[ITmedia]

 みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、北九州銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行は8月20日、北九州市でスマートフォンアプリを使ったキャッシュレス決済サービスの実証実験を9月1日〜12月末に実施すると発表した。参加者には、銀行口座からアプリに入金(チャージ)した電子マネーを加盟店での支払いに使用してもらい、QRコード決済サービスの利便性や実現性を検証する。

photo 決済アプリ「pring」(プリン)

 実験にはモバイル決済アプリ「pring」(プリン)を使用(iOS/Android)。pringはメタップス子会社であるpringが提供しているスマホアプリで、QRコードやバーコードを読み取って行うコード決済に利用できる他、ユーザー同士の個人間送金や、ユーザー自身の口座への戻し入れなどにも対応する。

photo 「pring」の利用イメージ
photo 個人間送金の利用イメージ

 実験は参加銀行のいずれかの口座を持つ人が対象。JR小倉駅周辺や北九州市の大型商業施設、商店街などにある加盟店の他、第一交通のタクシー約80台もpringでのQRコード決済に対応する。協力店は順次拡大予定。

photo 実証実験実施エリア

 みずほフィナンシャルグループは17年5月にメタップスと「エムウォレット設立準備」を設立し、その後pringに改称。18年3月にはみずほ銀行、東邦銀行とともに福島県でpringのアプリを使った実証実験を実施している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.