ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月09日 19時23分 公開

Google Payが「QUICPay」に対応

Googleのモバイル決済サービス「Google Pay」で電子マネー「QUICPay」が利用可能に。対応カードを登録しておけば、全国のQUICPay加盟店でスマホをかざすだけで決済できる。

[ITmedia]

 Google日本法人は10月9日、Googleアカウントで使えるモバイル決済サービス「Google Pay」で、電子マネー「QUICPay」を利用できるようにした。対応するクレジットカードやプリペイドカードなどをGoogle Payに登録すると、全国のQUICPay加盟店でスマートフォンをかざすだけで決済できる。

photo QUICPay(公式サイトより)

 Google PayはAndroid端末向けの決済サービス。「Suica」「楽天Edy」などの電子マネーをアプリに追加・チャージするとそれぞれの対応店舗での支払いに使える他、登録したクレジットカードを使ったオンライン決済にも対応している。

 Google Payを使えるのは、Android5.0以上で「おサイフケータイ」(6.1.5以上)対応のスマートフォン。今回、QUICPay対応カードとして、Kyashの「Kyash Visaカード」、JACCSが発行するVisa、Master、JCBブランドのクレジットカード、三菱UFJニコスやゆうちょ銀行などが発行するJCBなどを登録できるようにした。

photo Google Payで使える電子マネーが「QUICPay」が加わり5つに(Google Payの公式サイトより)
photo QUICPay対応カード一覧(同上)

 Google Payの電子マネー対応は、「楽天Edy」「nanaco」「Suica」「WAON」に次いで5つ目。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.