ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年10月10日 04時28分 公開

「Pixel 3」以外のQi端末も急速無線充電できる「Pixel Stand」、9504円で発売

Googleが、「Pixel 3/3 XL」向け急速無線充電スタンド「Pixel Stand」を発表した。日本での販売価格は税込み9504円。充電しながらGoogleアシスタントを使ったり、デジタルフォロフレームのようにGoogleフォトのアルバムを表示したりできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月9日(現地時間)に開催したイベント「Made by Google 2018」で、新オリジナルスマートフォン「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」向けの急速無線充電スタンド「Pixel Stand」を発表した。日本を含むPixel 3販売地域のGoogleストアで予約を受け付けている。日本での販売価格は税込みで9504円。購入したところ、配送予定は11月6日〜13日になった。

 stand 1 「Pixel Stand」

 充電中も使いやすいように、角度のついたボードに立てかけるように設置して充電する。端末を縦にでも横にでも置けて、そのまま「Googleアシスタント」でも操作できる。

 stand 2

 アラームをセットした状態でスタンドにPixel 3を設置しておくと、アラームが鳴る15分前から画面が徐々に明るくなる「Sunrise Alarm」機能を搭載。端末を置いたまま「ねぇGoogle、おはよう」と言えば、天気予報や一日のスケジュール、通勤の交通情報などを音声と画像で確認できる。

 stand 3

 充電中は、デジタルフォトフレームのようにGoogleフォトのアルバムをスライドショーで表示することもできる。

 日本では利用できないが、Nestのホームカメラと連携し、ホームカメラのモニタにもなる。

 サイズは直径92ミリで高さ105ミリ、重さは160グラム。電源はUSB Type-Cポートだ。


ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.