ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月11日 16時31分 公開

ディープラーニングで学習した麻雀AI搭載のゲーム Switchで発売

麻雀ゲームを開発するアンバランスが、ディープラーニングで学習した麻雀AIを搭載するゲームをNintendo Switch向けに発売する。

[ITmedia]

 囲碁、将棋、麻雀ゲームなどを開発するアンバランスは10月11日、ディープラーニング技術で学習させた麻雀AIを搭載したNintendo Switch向けゲーム「最強の麻雀〜100万人のための麻雀道場〜」を25日に発売すると発表した。販売はダウンロード版のみで価格は1980円(税込)。打ち筋や癖の異なる30人のゲーム内キャラクターと対局できるという。

麻雀
麻雀

 AI(人工知能)の思考結果を基に、麻雀の戦略を学習・研究できるトレーニングモードを用意。AIが用意する戦略タイプは「バランス」「攻撃重視」「守備重視」の3種。戦略タイプに合わせ、手牌からどの牌を捨てるべきかを「西54%」「九萬36%」のように確率で表示する。

麻雀
麻雀
麻雀

 ゲームモードは、強さの異なる10種の雀荘から好きな場所を選ぶフリー対局、最高スコアと勝ち抜き数の新記録を目指すサバイバル対局、さまざまな条件の対局を勝ち抜いて優勝を目指すトーナメントモードを用意した。

 囲碁や将棋と比べ、相手の手配が見えない麻雀ではAIを強くするのが難しいとされている。東京大学の水上直紀さんが開発した麻雀AIソフト「爆打」は、国内最大級のオンライン麻雀サイト「天鳳」で九段まで上り詰めた経験がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.