ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年10月17日 21時32分 公開

「スマホタップだけで稼げる」 虚偽広告、消費者庁が注意喚起

払ったお金以上に儲けるのは難しい。

[井上輝一,ITmedia]

 消費者庁は10月17日、「スマホをタップするだけでお金が稼げる」などとうたい、消費者の利益を不当に害するおそれがあるとして、「株式会社Quest」(東京都新宿区、代表者 遠藤淳一)の事例を公開し、注意を呼び掛けた。

「爆速即金」と思いきや「先に80万円払え」

 同事業者は、「爆速即金 GETアプリ特別配布!」など記載した広告をSNSなどに掲載し、消費者を誘導。ビジネスを考案したという「あやパン」なる人物が、料理の合間にスマホを操作するだけで2万円以上の収益を得たとする動画を、LINEメッセージで消費者に送る。

Questのやり口

 さらに、LINEで本ビジネスへ申し込みを促すWebサイトへ誘導し、1万8000円程度の初期費用を払わせる。払った消費者にはPDFファイルの情報商材を送り、商材内から電話へ誘導。80万円や120万円の有料コースへ執ように勧誘する――といった手口で消費者に多額の金銭を払わせようとしていた。

 消費者庁が確認したところ、「あやパン」なる人物は存在せず、動画には他にも本ビジネスで利益を上げたとする人物が登場していたが、これらの人物が本ビジネスで利益を上げた事実はなかったという。

 得られる情報商材の内容も、商品の転売である「せどり」であるため、支払った金額以上の利益を初心者が簡単に稼げるような仕組みではなかったとしている。

 Questは有料コースの電話勧誘時に「次のクレジットカード決済日までに確実に80万円稼げる」などうたっていたことから、「虚偽・誇大な広告・表示および断定的判断の提供」だと消費者庁は指摘している。

 消費者庁は、「簡単に高額収入を得られるとする広告や宣伝には、特に注意が必要」「カリスマ的な指導者が収益を得ていることをアピールするなど、簡単に稼げることを信じ込ませようとする業者もある」とした上で、「怪しいと思ったら、お金を支払う前に、各地の消費者生活センターや警察に相談して」と呼び掛けた。

消費者庁の注意喚起

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.