ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月23日 17時01分 公開

Twitter、APIへのアクセス回数を制限 ツイートとリツイートは3時間で300件まで

米Twitterは、サードパーティー製のアプリがTwitter APIにアクセスできる回数を制限する基準を導入。「ツイートとリツイートは3時間で300件まで」など条件を厳しくした。

[ITmedia]

 米Twitterは10月23日(現地時間)、サードパーティー製のアプリがTwitter APIにアクセスできる回数を制限する新しい基準を導入した。スパム投稿アプリなど不正アプリ対策が狙いだが、7月の発表時点で一部のアプリ開発者からは「制限が厳しすぎる」との声も出ていた

 1アプリ当たり(1)ツイートとリツイート(合算値)は3時間で300件、(2)「いいね」は24時間で1000件、(3)フォローは24時間で1000件、(4)ダイレクトメッセージは24時間で1万5000件――という基準を設ける。制限を緩和するには、同社に申請を出し、審査を通過する必要がある。

 同社は「少数の開発者しか(新しい基準の)制限を超えていなかったので、ほとんどの開発者に影響はない」としている。

photo Twitter Developersより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.