ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年10月25日 15時12分 公開

トイレの忘れ物、天井のセンサーが検知 NEXCO中日本が導入へ

NEXCO中日本が、トイレの忘れ物や急病人を天井のセンサーで検知する仕組みを開発した。2019年度からサービスエリアなどに随時導入していく。

[ITmedia]

 トイレの天井にセンサーを設置し、急病などで動けなくなった人や忘れ物を早期発見する――NEXCO中日本が10月25日、そんな仕組みを開発したと発表した。2019年度から、忘れ物が多いサービスエリア、パーキングエリアなどに随時導入していく。

photo

 天井のセンサーが人や物の動きをシルエット(輪郭)で検知する。個室ドアの開閉信号と連動し、入室後に一定時間が経過しても人の動作に全く変化がなければ「倒れ込み」と判定する他、退室後に一定の大きさ(10×5センチ程度)の物が残っていれば「忘れ物」と判定する。物体の推定にはAI(人工知能)技術を活用し、読み取り精度の向上を見込む。カメラのように画像を撮影する必要がなく、プライバシーも守られるとしている。

photo

 6月から鞍ヶ池パーキングエリア(愛知県豊田市)の男子トイレ2カ所に試験導入したところ、「忘れ物を漏れなく発見できた」(同社)という。検証中、動けなくなった人はいなかった。トイレットペーパーのかすなど、検知しなくてもいい物を検知してしまう場合もあり、精度向上に努めるとしている。

 引き続き、同パーキングエリアで機能を検証しながら、人が倒れ込んだり、忘れ物があったりした場合、周囲の人に知らせる専用モニターや「忘れ物はありませんか」などと呼び掛ける音声案内装置の開発を進める。

 開発には木村技研が協力している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.