ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月31日 19時32分 公開

NTTドコモ、料金が2〜4割安くなる料金プランを19年に導入

NTTドコモは2019年第1四半期に現行料金から2〜4割値下げとなる新料金プランを提供する。内容は「検討中」だが、最大で年間4000億円規模の利用者還元を実行するという。

[ITmedia]

 NTTドコモは10月31日、2019年第1四半期(19年4月〜6月)に現行料金から2〜4割値下げとなる新料金プランを提供すると発表した。18年度第2四半期の決算説明会で同社の吉澤和弘社長が明らかにした。また料金プランが複雑で分かりにくいという声に応え、「シンプルで分かりやすい料金プランに大胆な見直しを行う」(吉澤社長)

NTTドコモの吉澤和弘社長

 新しい料金プランの具体的な内容は「検討中」だが、最大で年間4000億円規模の利用者還元を実行するとしている。このため19年度は減益となる見込みだが、「ユーザーに“おトク”を実感してもらい、ドコモを長く使ってもらうことで顧客基盤をさらに強固にするために還元は必須」という。

 将来的には強化した顧客基盤をベースに5G関連ビジネスや法人ビジネス、スマートライフビジネスを強化し、21年度には営業収益5兆円、23年度に17年度と同水準となる営業利益9900億円への回復を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.