ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月17日 17時10分 公開

ドコモも「信用スコア」提供 金融機関の融資審査に活用、2019年3月から

NTTドコモが回線契約者の情報を活用した「信用スコア」の提供を始める。金融機関向けに「ドコモスコアリング」として2019年3月から提供し、融資審査などに活用する。

[村田朱梨,ITmedia]

 NTTドコモは10月17日、同社の回線契約者の情報を活用した「信用スコア」を金融機関向けに提供すると発表した。「ドコモスコアリング」として2019年3月から提供し、融資審査などに活用する計画。同時期から金融機関向けに提供する「ドコモレンディングプラットフォーム」のサービスの1つで、すでに新生銀行が導入を決定している。

photo マネーフォワードの辻庸介社長(左)、NTTドコモの吉澤和弘社長(中央)、新生銀行の工藤英之社長(右)

 信用スコアは、ドコモが持つ契約内容、回線利用時間、携帯電話料金の支払い履歴などのビッグデータと、顧客の年齢や性別といった属性データを活用して算出。金融機関の融資サービスの申し込み時などに、顧客が同意した場合に算出し、金融機関だけに提供する。その他のドコモスコアリングの使い道については今後検討するとしている。

photo 「ドコモスコアリング」
photo 「ドコモレンディングプラットフォーム」

 また、Fintech事業を手がけるマネーフォワードと共同で、融資サービス利用者向けのスマートフォンアプリ「レンディングマネージャー」を開発。融資の申し込みから借り入れ、返済までを行えるアプリで、ユーザーの家計と借り入れ状況を可視化する。ユーザーの状況に応じ、繰り上げ返済を勧める――といった提案機能も搭載する。

 マネーフォワードの辻庸介社長は「ドコモとの連携をサービスに生かし、“借りること”に関するさまざまな課題を解決したい。ドコモの顧客に寄り添い、ライフスタイルを革新するようなFintechサービスを一緒に作りたい」と意気込む。

photo 「レンディングマネージャー」

 ドコモレンディングプラットフォームを通じ、ドコモが提供する各種サービスと融資サービスとの連携も行う。電子マネーサービス「ドコモ口座」との連携では、金融機関がドコモ口座に入金した融資額を、ユーザーがいつでもセブン銀行のATMから出金できるようにする。

 信用スコアを活用した融資サービスは、ソフトバンクがみずほ銀行と共同設立したJ.Scoreを通じて提供している他、ヤフーもビッグデータを活用してユーザーの信用を数値化する実証実験を進めている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.