ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年11月01日 10時45分 公開

米司法省、中国情報当局者らの訴追を発表 航空機エンジン情報狙ったハッキングの疑い

米司法省は、米国やフランスの航空宇宙企業からエンジンに関する技術情報を盗み出そうとしたとして、中国国家安全省の江蘇省支部職員などを訴追したと発表した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米司法省は10月30日、米国やフランスの航空宇宙企業からエンジンに関する技術情報を盗み出そうとしたとして、中国の情報当局者2人と、当局の指示で動いていたハッカー集団を訴追したと発表した。

 訴追されたのは、中国国家安全省の江蘇省支部JSSD(本部・南京)に所属する査栄、柴萌の両容疑者と、JSSDの指示で動いていたハッカー集団のメンバーなど。米国やフランスの航空宇宙企業から知的財産や極秘情報を盗む狙いで、5年以上にわたってコンピュータへの不正侵入を繰り返していたとされる。

photo 米司法省のプレスリリース

 司法省によると、容疑者らは2010年1月から2015年5月にかけ、米国と欧州の航空機に使われているターボファンエンジンの技術情報を盗もうとした。このエンジンは、フランスの航空宇宙企業が米国企業と共同で開発していたもので、中国国営の航空宇宙企業は当時、中国などで製造する航空機のために、同じタイプのエンジンの開発を進めていたという。

 JSSDの指示を受けた2人の中国人は、蘇州にあるフランスの航空宇宙企業のオフィスに採用され、JSSDから受け取ったマルウェアをこの会社のコンピュータに感染させたとされる。

 ハッカー集団は他にも、ターボファンエンジンの部品を製造していた米国の複数の航空宇宙会社に対して不正侵入を繰り返したとされる。

 攻撃の手口としては、特定の標的に狙いを定めて詐欺メールを送り付けるスピアフィッシングや、被害に遭った企業のWebサイトを改ざんして閲覧した人をマルウェアに感染させる「水飲み場型攻撃」、ドメイン登録業者のハッキングを通じたドメイン乗っ取りなどが行われていたという。

 米当局が中国の情報当局者を訴追するのは2018年9月以来、これで3度目になるといい、米連邦捜査局(FBI)の捜査員は「中国政府が関与するハッキングは、現実の執拗な脅威を投げかけている」と強調している。

 米ZDNetによると、今回訴追された10人の容疑者は、いずれも米国で拘束されていないという。

関連キーワード

米司法省 | ハッキング


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.