ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「米司法省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

United States Department of Justice

有名人のTwitterアカウント乗っ取り事件、当局が3人を逮捕し訴追
容疑者には未成年者も含まれています。(2020/8/1)

Twitterアカウント大規模乗っ取り犯逮捕 主犯は米在住の17歳
Twitterでビル・ゲイツ氏などの著名人アカウントが大量に乗っ取られ、ビットコイン詐欺ツイートをして10万ドル以上の被害の出た事件の犯人が逮捕、起訴された。主犯は米在住の17歳の未成年で、他に英国在住の19歳、米在住の22歳も共犯として逮捕、起訴された。(2020/8/1)

GAFAの4CEO、Cisco Webexでの公聴会を概ね無難に乗り切る
Google、Apple、Facebook、Amazon.comのCEOが初めてそろった米下院の公聴会はCiscoのWebexによるWeb会議で行われた。3時間にわたる公聴会で4人は世界規模でみれば市場独占には程遠いと主張した。(2020/7/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
社員の肩書でじわりと盗む 組織に入り込んでいく、中国・経済スパイの実態
中国のスパイ活動を巡って、米中の対立が激化している。米国は以前から知的財産などを盗まれてきたが、日本ももちろん例外ではない。研究者や社員といった肩書を持つ協力者が重要な情報をじっくり盗んでいく。そういったケースが各国で判明している。(2020/7/30)

米司法省、中国人2人を新型コロナ関連情報窃盗目的のサイバー攻撃で起訴
米司法省が、中国政府と繋がりがあるとみている2人の中国人ハッカーを起訴した。新型コロナウイルス感染症対策ワクチン関連情報などを盗んだとしている。(2020/7/22)

米司法省、中国人ハッカー2人の起訴を発表 新型コロナ研究情報など盗んだ罪
2人は10年以上も前から米国や欧州、日本、韓国などの企業を狙って不正アクセスを繰り返し、企業秘密や知的財産、個人情報などを盗んでいたとされる。(2020/7/22)

米司法省、オンラインプラットフォーム保護を弱化する「セクション230」法改定を提案
米司法省が、Communications Decency Act第230条(いわゆる「セクション230」)の改定案を発表した。TwitterやFacebookなどのプラットフォームにコンテンツの責任を問えるようにするものだ。(2020/6/18)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
「暗号通貨」の看板を下ろしたLibraの勝算
国際的な送金・決済ネットワークを目指すLibra協会は、2020年4月に大きなピボット(方針転換)を行った。「暗号通貨」(cryptocurrency)の看板を下ろし、「決済システム」(payment system)となったのである。ローンチはまだ先のことだが、Libraはゆっくり成長して国際的な決済ネットワークの世界のゲームチェンジャーになるかもしれない。(2020/5/27)

「Facebook Messenger」、不審な相手についてAIが警告する新機能
「Facebook Messenger」で不審な相手からメッセージが来ると、AIがそれを検知して警告を表示するようになる。警告をタップすると相手を簡単にブロックでき、アドバイスも表示される。この機能はエンドツーエンドで暗号化されても機能するとしている。(2020/5/22)

米司法長官、銃乱射事件解決に協力しなかったとAppleを批判
ウィリアム・バー米司法長官が、昨年12月に海軍基地で発生した銃撃事件の犯人のiPhoneのロック解除をAppleに拒否されたが、FBIがついに成功したと発表。「公共の安全より金儲けを重視する大企業に国家安全を委ねるわけにはいかない」と語った。(2020/5/19)

Zoombombingは犯罪 米司法省が警告
新型コロナの影響でユーザーが急増したWeb会議サービス「Zoom」で問題になっている「Zoombombing」は逮捕または罰金の対象であると、米司法省が警告し、被害者はFBIに報告するよう呼び掛けた。(2020/4/5)

偽ワクチン宣伝の不正サイトに差し止め命令 新型コロナ便乗詐欺、米当局が重点摘発
問題のWebサイトは新型ウイルス対策の医療関係サイトを思わせるURLを利用。送料4.95ドルと引き換えにワクチンを提供すると称して、消費者がクレジットカード情報を入力するよう仕向けていた。(2020/3/24)

Microsoft元従業員、アカウントの不正利用で1000万ドル相当を盗み有罪評決
Microsoftのソフトウェアエンジニアだった男はテスト用のアカウントを利用してデジタルギフトカードなどを盗み、住宅や高級車の購入に充てていたという(2020/2/27)

米司法省、Huaweiと子会社を追起訴 RICO法違反や企業秘密窃盗罪で
Huaweiは、組織犯罪取り締まりを目的としたRICO法違反の共謀罪、米国企業の知的財産を不正に流用したとされる企業秘密窃盗罪、北朝鮮とイランへの商品やサービス輸出に関与した罪に問われている。(2020/2/14)

米司法省、中国Huaweiを16の罪で追起訴
昨年1月にHuaweiを技術窃盗などの罪で起訴した米司法省が、詐欺などの新たな罪で同社を追起訴した。Huaweiは「この申し立てが無根拠で不公平だと証明する」としている。(2020/2/14)

「潮目が変わった」とSBG孫社長 129億円の営業赤字も「投資事業は回復傾向」と手応え
ソフトバンクグループの孫正義社長が、決算説明会で「潮目が変わった」と繰り返し強調した。その真意とは。(2020/2/12)

ソフトバンク傘下SprintとT-Mobile合併、米裁判所も承認し、ほぼ確実に
ソフトバンクグループ傘下で米携帯キャリア4位のSprintと3位のT-Mobileの合併を、ニューヨークの連邦地裁も認めた。米司法省、米連邦通信委員会の承認は既に得ており、両社の合併実現の条件はほぼ整った。(2020/2/12)

米司法省、中国軍人4人をEquifax不正侵入で提訴 FBIが指名手配
米国民の約半数に当たる約1億5000万人の個人情報が流出した2017年のEquifax事件の容疑者として、4人の中国軍軍人が米国で起訴された。バー司法長官はこの事件を「中国軍部隊による組織化された強盗」と呼んだ。(2020/2/11)

この頃、セキュリティ界隈で:
インサイダーの脅威が浮き彫りに 求められる「ゼロトラスト」のセキュリティ対策
膨大な個人情報を握るIT企業インサイダーによる不正事件が相次いでいる。その背景は。(2020/1/14)

ランサムウェアを正しく理解し、効果的に護るための現実解(3):
2020年ランサムウェアの最新動向――Emotetから始まる攻撃、クラウド、IoTも
ランサムウェアを正しく理解し、有効な対策を紹介する本連載。今回は、「2020年ランサムウェアの最新動向」と題して事例と今後注意が必要な点などをお届けしたい。(2020/1/20)

この頃、セキュリティ界隈で:
おとり捜査でビットコイン追跡、児童ポルノ闇サイトを暴いた国際捜査の手法
ダークネットに逃げ込んだ児童ポルノサイトをどう摘発したのか。(2020/1/9)

Huawei、中国政府から特別な経済的支援を受けているというWSJの記事に反論
Huaweiへの中国政府による資金援助が累計で最愛750億ドルになるというWall Street Journalの記事は虚偽だとしてHuaweiが反論し、同メディアの提訴を検討してるとツイートした。(2019/12/27)

湯之上隆のナノフォーカス(20):
中国は先端DRAMを製造できるか? 生殺与奪権を握る米国政府
2019年11月から12月にかけて、中国のメモリ業界に関して、驚くようなニュースが立て続けに報じられている。筆者が驚いた3つのニュース(事件と言ってもよいのではないか)を分析し、今後、中国が先端ロジック半導体や先端DRAMを製造できるか考察してみたい。(2019/12/19)

米司法省、イーサリアムの研究員を逮捕 北朝鮮へのブロックチェーン関連情報提供で
Etherium財団のリサーチサイエンティストが北朝鮮に暗号通貨とブロックチェーンに関する技術を提供したとして米司法省に逮捕された。米政府の国際緊急経済権限法(IEEPA)違反で有罪になれば、最高20年の懲役が科される。(2019/12/1)

Facebookの不祥事を振り返る【前編】
Cambridge Analytica事件だけではない 「Facebook」の不祥事を振り返る
2018年初頭に選挙コンサルティング企業によるデータ不正利用が発覚して以来、Facebookではセキュリティやプライバシーに関する不祥事が相次いでいる。これまでの不祥事を振り返る。(2019/11/30)

米司法省、Twitter元従業員など3人をスパイ行為で起訴 サウジ批判のユーザー情報を不正に入手
Twitterの従業員だった2人は、サウジアラビアを批判していたユーザーの個人情報を不正に入手して、サウジ政府に提供していたとされる。(2019/11/8)

アンチドーピング機関狙うサイバー攻撃、東京五輪控え急増
Microsoftによると、一連の攻撃には「Strontium」と呼ばれるサイバー犯罪集団が関与している。同集団はロシアの関与が指摘されていた。(2019/10/30)

281人を容疑者として逮捕
ランサムウェアを超える勢いの「ビジネスメール詐欺」(BEC) FBIの推奨策は
2016年6月から2019年7月にかけて、世界のビジネスメール詐欺(BEC)の被害総額が260億ドルに達したことを米連邦捜査局(FBI)が明らかにした。さらに、BECに関わった容疑のある281人を逮捕したという。(2019/10/21)

児童性虐待サイト摘発 ビットコイン取引追跡して犯人特定、12カ国でユーザー逮捕
米韓の捜査当局が連携して児童に対する性的虐待ビデオを販売していたサイトを摘発。管理者の韓国籍の男が起訴され、ユーザー337人が世界12カ国で逮捕された。捜索を受けて自殺したユーザーもいた。(2019/10/17)

ソフトバンク傘下SprintとT-Mobile合併をFCCが承認 残るは18州の訴訟終了
米携帯キャリア3位のT-Mobileと4位でソフトバンクグループ傘下のSprintの合併を、米連邦通信委員会(FCC)が承認した。あとはニューヨーク州など18州による合併反対の訴訟を終了すれば、合併は完了する見込みだ。(2019/10/17)

Facebookのエンドツーエンド暗号化に米英豪が「解読のための鍵」を要請
米司法省が、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOに対し、同氏が3月に発表したエンドツーエンドで暗号化したプラットフォーム構築計画に、当局への合法的なアクセス権を追加するよう要請する公開書簡を送った。Facebookは「バックドア要請に強く反対する」という声明文を発表した。(2019/10/6)

Yahoo!の元従業員、わいせつ画像探してユーザーのアカウントに不正アクセス
Yahoo!の元従業員が狙ったのは主に若い女性のアカウントだった。Yahoo!の他にもiCloudやFacebook、Gmail、Dropboxなどのアカウントに不正アクセスしたことを認めている。(2019/10/2)

米金融機関クラッキングで1億件超の個人情報窃盗、ロシア国籍の男が罪状認める
8000万件を超える顧客情報が盗まれた金融機関もあり、1社から個人情報が盗まれた事件としては米国史上最大級の規模だった。(2019/9/25)

GoogleによるLooker買収の狙い【前編】
Google Cloudの分析機能強化に「Looker」が必要だった理由
Googleが26億ドルでビジネスインテリジェンス(BI)の新興ベンダーLooker買収を決めた。「Google Cloud」に組み込まれるLookerは、Amazon Web ServicesやMicrosoftといったライバルに対抗するための強力な武器になる。(2019/9/20)

Amazonが収益性の高い製品ランクを上げるアルゴリズム変更か──Wall Street Journal報道
Amazon.comが、サービス内の検索アルゴリズムに、顧客のための関連性よりも自社の収益性を優先する変更を加えたとWall Street Jouralが報じた。Amazonは否定している。(2019/9/17)

Googleを50の州と地区の司法長官が独禁法調査「ネットを支配している」
米国の48州とワシントンD.C.、プエルトリコの司法長官が、Googleを独禁法違反の疑いで調査すると発表した。Googleに対しては、米司法省も独禁法調査を開始している。(2019/9/10)

Facebookをニューヨーク州などの司法長官が独禁法違反の疑いで調査開始
米ニューヨーク州のレティシア・ジェームズ司法長官が、Facebookを毒気の法違反の疑いで調査すると発表した。コロラド州やワシントンD.C.など8つの州と地区も調査に参加する。(2019/9/9)

Google、米司法省から独禁法調査の情報提供を求められたと認める
Googleが、米司法省が7月に発表した“市場をリードするオンラインプラットフォーム”の独禁法調査の対象であることを認めた。「これまでも常に規制当局と建設的に協力してきたし、今後もそうする」。(2019/9/9)

Huawei、「米政府がサイバー攻撃を仕掛け、従業員を脅した」と主張
Huaweiが、米連邦政府が同社のイントラネットにサイバー攻撃を仕掛けたり、従業員に情報提供を強要したりしたとプレスリリースで主張した。(2019/9/4)

SNSから身元を特定
AWSの元エンジニアが大手金融から1億件以上の個人情報を盗んだ疑い、FBIが逮捕
米連邦捜査局(FBI)がAmazon Web Services(AWS)の元エンジニアを逮捕した。金融企業Capital Oneの顧客と、クレジットカードの発行を申請した個人利用客1億人以上のデータを盗んだ容疑だ。(2019/8/31)

金融大手の情報流出事件、他にも30社以上が被害か――Amazon元従業員を起訴
起訴された女はCapital Oneだけでなく、他にも大手企業を含む30以上の組織のデータに不正アクセスし、SNSで犯行を吹聴していた。(2019/8/30)

Uber入りしたGoogleの元エンジニア、企業秘密窃盗罪で起訴
Googleの元エンジニアで後にUber入りしたアンソニー・レバンドウスキ被告は、Googleの企業秘密を盗んだ罪に問われている。(2019/8/28)

ソフトバンクG孫社長、投資戦略の過去と未来を語る 「Sprintは悪くなかった」「Vision Fund第2弾を3カ月以内に始める」
ソフトバンクグループの孫社長が「長年、懸案だったSprint問題に決着がつきそうだ」と安堵。13年の買収後、Sprintは業績悪化が続き“SBGのお荷物”との見方もあったが、孫社長は「投資のリターンは悪くなかった」と振り返った。(2019/8/7)

携帯電話のSIMロックを不正解除した男、米国で起訴 AT&T従業員に多額の賄賂
男は香港で逮捕され、米国に引き渡された。AT&Tの従業員に多額の賄賂を渡してネットワークにマルウェアをインストールさせ、携帯電話のSIMロックを不正に解除していたとされる。(2019/8/7)

米国大手カード会社から1億600万人の情報流出、逮捕された女はAmazonの元従業員か
報道によると、FBIに逮捕された女はAmazonの元従業員で、セキュリティ上の不備があるAmazonクラウドインスタンスをハッキングすることによって、他の大手企業のデータにも不正アクセスしていた形跡がある。(2019/7/31)

米金融大手Capital One、1億人超の顧客情報流出か 米紙は「過去最大規模」と報道
米金融大手のCapital One Financialが、外部からの不正アクセスを受け、約1億600万人分の個人情報が漏えいした恐れがあると発表。(2019/7/30)

IT基礎英語:
逮捕も起訴も入金もcharge、使い分けは?
電子マネーをチャージ、ワイヤレスでスマホにチャージ、それだけではないcharge。(2019/7/29)

ソフトバンク傘下SprintとT-Mobile合併を米司法省が承認
米司法省が米携帯キャリア3位のT-Mobileと4位でソフトバンクグループ傘下のSprintの合併を承認した。承認の条件として両社はプリペイド携帯事業をDISH Networkに売却し、DISHは携帯キャリア市場に参入する。(2019/7/29)

米司法省、IT大手を独禁法違反の疑いで調査すると発表
米司法省が、“市場をリードするオンラインプラットフォーム”を独禁法違反の疑いで調査すると発表した。具体的な調査対象は挙げていないが、「検索、ソーシャルメディア、オンライン小売りサービス」としており、いわゆるGAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)を指すとみられる。(2019/7/24)

Facebookの個人情報管理問題の制裁金はFTCとして過去最高の50億ドル
米連邦取引委員会(FTC)によるFacebookの個人情報管理問題の制裁金は過去最高の50億ドルになると、複数メディアが報じた。Facebookにとっては約3カ月分の純利益相当に過ぎず、同社の株価はこの報道後20セント上昇した。(2019/7/15)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。