ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「米司法省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

United States Department of Justice

米司法省、Twitter元従業員など3人をスパイ行為で起訴 サウジ批判のユーザー情報を不正に入手
Twitterの従業員だった2人は、サウジアラビアを批判していたユーザーの個人情報を不正に入手して、サウジ政府に提供していたとされる。(2019/11/8)

アンチドーピング機関狙うサイバー攻撃、東京五輪控え急増
Microsoftによると、一連の攻撃には「Strontium」と呼ばれるサイバー犯罪集団が関与している。同集団はロシアの関与が指摘されていた。(2019/10/30)

281人を容疑者として逮捕
ランサムウェアを超える勢いの「ビジネスメール詐欺」(BEC) FBIの推奨策は
2016年6月から2019年7月にかけて、世界のビジネスメール詐欺(BEC)の被害総額が260億ドルに達したことを米連邦捜査局(FBI)が明らかにした。さらに、BECに関わった容疑のある281人を逮捕したという。(2019/10/21)

児童性虐待サイト摘発 ビットコイン取引追跡して犯人特定、12カ国でユーザー逮捕
米韓の捜査当局が連携して児童に対する性的虐待ビデオを販売していたサイトを摘発。管理者の韓国籍の男が起訴され、ユーザー337人が世界12カ国で逮捕された。捜索を受けて自殺したユーザーもいた。(2019/10/17)

ソフトバンク傘下SprintとT-Mobile合併をFCCが承認 残るは18州の訴訟終了
米携帯キャリア3位のT-Mobileと4位でソフトバンクグループ傘下のSprintの合併を、米連邦通信委員会(FCC)が承認した。あとはニューヨーク州など18州による合併反対の訴訟を終了すれば、合併は完了する見込みだ。(2019/10/17)

Facebookのエンドツーエンド暗号化に米英豪が「解読のための鍵」を要請
米司法省が、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOに対し、同氏が3月に発表したエンドツーエンドで暗号化したプラットフォーム構築計画に、当局への合法的なアクセス権を追加するよう要請する公開書簡を送った。Facebookは「バックドア要請に強く反対する」という声明文を発表した。(2019/10/6)

Yahoo!の元従業員、わいせつ画像探してユーザーのアカウントに不正アクセス
Yahoo!の元従業員が狙ったのは主に若い女性のアカウントだった。Yahoo!の他にもiCloudやFacebook、Gmail、Dropboxなどのアカウントに不正アクセスしたことを認めている。(2019/10/2)

米金融機関クラッキングで1億件超の個人情報窃盗、ロシア国籍の男が罪状認める
8000万件を超える顧客情報が盗まれた金融機関もあり、1社から個人情報が盗まれた事件としては米国史上最大級の規模だった。(2019/9/25)

GoogleによるLooker買収の狙い【前編】
Google Cloudの分析機能強化に「Looker」が必要だった理由
Googleが26億ドルでビジネスインテリジェンス(BI)の新興ベンダーLooker買収を決めた。「Google Cloud」に組み込まれるLookerは、Amazon Web ServicesやMicrosoftといったライバルに対抗するための強力な武器になる。(2019/9/20)

Amazonが収益性の高い製品ランクを上げるアルゴリズム変更か──Wall Street Journal報道
Amazon.comが、サービス内の検索アルゴリズムに、顧客のための関連性よりも自社の収益性を優先する変更を加えたとWall Street Jouralが報じた。Amazonは否定している。(2019/9/17)

Googleを50の州と地区の司法長官が独禁法調査「ネットを支配している」
米国の48州とワシントンD.C.、プエルトリコの司法長官が、Googleを独禁法違反の疑いで調査すると発表した。Googleに対しては、米司法省も独禁法調査を開始している。(2019/9/10)

Facebookをニューヨーク州などの司法長官が独禁法違反の疑いで調査開始
米ニューヨーク州のレティシア・ジェームズ司法長官が、Facebookを毒気の法違反の疑いで調査すると発表した。コロラド州やワシントンD.C.など8つの州と地区も調査に参加する。(2019/9/9)

Google、米司法省から独禁法調査の情報提供を求められたと認める
Googleが、米司法省が7月に発表した“市場をリードするオンラインプラットフォーム”の独禁法調査の対象であることを認めた。「これまでも常に規制当局と建設的に協力してきたし、今後もそうする」。(2019/9/9)

Huawei、「米政府がサイバー攻撃を仕掛け、従業員を脅した」と主張
Huaweiが、米連邦政府が同社のイントラネットにサイバー攻撃を仕掛けたり、従業員に情報提供を強要したりしたとプレスリリースで主張した。(2019/9/4)

SNSから身元を特定
AWSの元エンジニアが大手金融から1億件以上の個人情報を盗んだ疑い、FBIが逮捕
米連邦捜査局(FBI)がAmazon Web Services(AWS)の元エンジニアを逮捕した。金融企業Capital Oneの顧客と、クレジットカードの発行を申請した個人利用客1億人以上のデータを盗んだ容疑だ。(2019/8/31)

金融大手の情報流出事件、他にも30社以上が被害か――Amazon元従業員を起訴
起訴された女はCapital Oneだけでなく、他にも大手企業を含む30以上の組織のデータに不正アクセスし、SNSで犯行を吹聴していた。(2019/8/30)

Uber入りしたGoogleの元エンジニア、企業秘密窃盗罪で起訴
Googleの元エンジニアで後にUber入りしたアンソニー・レバンドウスキ被告は、Googleの企業秘密を盗んだ罪に問われている。(2019/8/28)

ソフトバンクG孫社長、投資戦略の過去と未来を語る 「Sprintは悪くなかった」「Vision Fund第2弾を3カ月以内に始める」
ソフトバンクグループの孫社長が「長年、懸案だったSprint問題に決着がつきそうだ」と安堵。13年の買収後、Sprintは業績悪化が続き“SBGのお荷物”との見方もあったが、孫社長は「投資のリターンは悪くなかった」と振り返った。(2019/8/7)

携帯電話のSIMロックを不正解除した男、米国で起訴 AT&T従業員に多額の賄賂
男は香港で逮捕され、米国に引き渡された。AT&Tの従業員に多額の賄賂を渡してネットワークにマルウェアをインストールさせ、携帯電話のSIMロックを不正に解除していたとされる。(2019/8/7)

巨大化GAFAに転機 米当局、反トラスト法で調査
「GAFA」と呼ばれる米国IT大手4社などを対象に、米司法省が反トラスト法(独占禁止法)の調査に乗り出した。米連邦取引委員会(FTC)も個人情報流出問題で、フェイスブックに巨額の制裁金支払いと情報管理を強化させる社内制度構築を指示。米政府はIT大手の締め付け強化へと急旋回している。「規模の経済」を謳歌して市場支配力を強めてきたGAFAの転換点となるかもしれない。(ワシントン 塩原永久)(2019/8/7)

米国大手カード会社から1億600万人の情報流出、逮捕された女はAmazonの元従業員か
報道によると、FBIに逮捕された女はAmazonの元従業員で、セキュリティ上の不備があるAmazonクラウドインスタンスをハッキングすることによって、他の大手企業のデータにも不正アクセスしていた形跡がある。(2019/7/31)

米金融大手Capital One、1億人超の顧客情報流出か 米紙は「過去最大規模」と報道
米金融大手のCapital One Financialが、外部からの不正アクセスを受け、約1億600万人分の個人情報が漏えいした恐れがあると発表。(2019/7/30)

IT基礎英語:
逮捕も起訴も入金もcharge、使い分けは?
電子マネーをチャージ、ワイヤレスでスマホにチャージ、それだけではないcharge。(2019/7/29)

ソフトバンク傘下SprintとT-Mobile合併を米司法省が承認
米司法省が米携帯キャリア3位のT-Mobileと4位でソフトバンクグループ傘下のSprintの合併を承認した。承認の条件として両社はプリペイド携帯事業をDISH Networkに売却し、DISHは携帯キャリア市場に参入する。(2019/7/29)

米司法省、IT大手を独禁法違反の疑いで調査すると発表
米司法省が、“市場をリードするオンラインプラットフォーム”を独禁法違反の疑いで調査すると発表した。具体的な調査対象は挙げていないが、「検索、ソーシャルメディア、オンライン小売りサービス」としており、いわゆるGAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)を指すとみられる。(2019/7/24)

Facebookの個人情報管理問題の制裁金はFTCとして過去最高の50億ドル
米連邦取引委員会(FTC)によるFacebookの個人情報管理問題の制裁金は過去最高の50億ドルになると、複数メディアが報じた。Facebookにとっては約3カ月分の純利益相当に過ぎず、同社の株価はこの報道後20セント上昇した。(2019/7/15)

トランプ大統領のTwitter、「批判ブロック」は違憲 米高裁
米ニューヨーク連邦高裁は9日、トランプ大統領が公式ツイッターに批判的な投稿をした人物をブロックすることは、言論の自由を保障する合衆国憲法修正第1条に違反するとの判断を示した。ロイター通信によると、米司法省は「判断に失望している」として上訴する見通し。(2019/7/11)

マーク・ハミルなどハリウッドスターによる「モラー報告書」朗読会、ライブストリーミング
2016年米大統領選へのロシアによる介入とトランプ陣営の関与を捜査したロバート・モラー特別検察官の報告書の抜粋をハリウッドスターが朗読する劇が、日本時間の6月25日午前10時からライブストリーミングされる。マーク・ハミルやジャスティン・ロングなどが出演し、448ページの報告書から重要な部分を朗読する。(2019/6/25)

SprintとT-Mobile合併「承認を強く願う」 孫社長、投資戦略に影
ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は19日、都内で開いた定時株主総会で、グループ傘下の米携帯電話4位のスプリントと同3位のTモバイルUSの合併計画について「上位勢と対等に戦える規模にするために(米当局から)承認が下りることを強く願っている」と述べた。だが、米自治体が差し止めるよう提訴するなど、合併承認に不透明感が生じており、SBGの戦略に影を落としている。(2019/6/20)

マルウェア被害を防ぐには
マルウェア「Mirai」摘発の舞台裏 FBI捜査官が語る
2016年の大規模DDoS攻撃に使われたマルウェア「Mirai」。米連邦捜査局(FBI)でMiraiの摘発に関わった捜査官が、捜査の舞台裏とマルウェア被害を防ぐ方法について語った。(2019/3/20)

湯之上隆のナノフォーカス(10):
新たな世界ハイテク戦争の構図 ―― 米国、中国、Huaweiの3者のにらみ合い
米中におけるハイテク戦争では、2018年末以降、Huaweiが台風の目となっている。しかし、筆者には、3つの疑問がある。本稿では、3つの疑問について論じるとともに、世界のハイテク戦争が、米中二国間の単純な対立ではなく、米国、中国、Huawei3者のにらみ合いの構図になっていることを示す。(2019/3/13)

ランサムウェア+標的型攻撃=? 新たな攻撃、被害は数百万ドル
海外で「標的型ランサムウェア」による被害が広がっている。ランサムウェアというと「脆弱性が存在するPCやIT機器を無差別に襲うもの」というイメージもあるが、違うタイプという。対策は。(2019/3/12)

禁輸措置は根本的な解決ではない:
Huawei製品の締め出し、サプライチェーンに深刻な影響
ネットワーク機器やスマートフォンを手掛ける中国メーカーHuawei Technologiesは現在、米国および欧州市場から同社製機器が追放されるかもしれないという問題に直面し、論争を引き起こしている。もしHuaweiが、大きな損失を抱えることになれば、同社のサプライチェーンも痛手を負うことになるだろう。(2019/3/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
ファーウェイの「スパイ工作の証拠」を米国が示さない理由
中国の通信機器大手、ファーウェイを巡る情報が飛び交っている。排除を進める米国に対して「スパイ工作の証拠はない」と主張。トランプ大統領がファーウェイ排除の「見直し」を検討しているという話もある。今、ファーウェイ問題はどうなっているのか。(2019/2/28)

Appleの元顧問弁護士、インサイダー取引で起訴
米司法省は、Apple元顧問弁護士のジーン・レボフ氏をインサイダー取引で起訴した。(2019/2/14)

早ければ2月上旬に判決:
FTCのQualcomm訴訟、判決次第で5Gに多大な影響も
Qualcommの特許ライセンスの運命は、米連邦地方裁判所のLucy Koh判事の手中にある。世界トップ10にランクインする半導体メーカーである同社にとって、特許ライセンスは、最も利益が高い事業だ。Koh判事の判決は、Qualcommが同社のセルラーエコシステムで抱える、数百社に及ぶライセンシーに対して、大きな影響を及ぼす可能性がある。(2019/2/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
ファーウェイの“強気”はいつまで続くか 米国が繰り出す「次の一手」
中国・ファーウェイCFOの逮捕、起訴が注目される中、同社製品を巡る米中の攻防はさらに激しくなっている。排除の動きが広がる一方、ファーウェイ側は強気の姿勢を崩さない。熾烈なせめぎ合いは今後、どうなっていくのか。(2019/1/31)

取引規模は6800万ドル相当:
認証情報や個人情報の不正取引サイト、米欧の連携で摘発
世界各国で流出したコンピュータの認証情報や個人情報などの不正取引に使われていたWebサイト「xDedic Marketplace」が摘発された。(2019/1/30)

米司法省、中国HuaweiとそのCFOを詐欺で起訴
米司法省が、中国Huaweiと同社の孟晩舟CFOを詐欺などの罪で起訴したと発表した。「中国は国民と自国企業に法の順守の責任を問う必要がある」と司法長官代行が語った。(2019/1/29)

湯之上隆のナノフォーカス(8):
米中ハイテク戦争の背後に潜む法律バトル
激化の一途をたどる米中ハイテク戦争。実は、これは“法律バトル”でもある。本稿では、中国の「国家情報法」および米国の「国防権限法2019」を取り上げ、これら2つがどのようにハイテク戦争に関わっているかを解説する。(2019/1/22)

衝撃を与えた幹部の逮捕:
米国対Huawei、加速する全面対決の姿勢
Huaweiの経営幹部がカナダで逮捕されたことを受け、エレクトロニクス業界にも衝撃を広がっている。Huaweiをめぐり、米中による全面対決の姿勢がいっそう濃くなっている。(2018/12/26)

若者のロールモデルになりたい:
同性愛公表のパナソニック取締役ベイツ氏「LGBTへの差別は日本経済の損失」
6月にパナソニック初の外国人取締役に就任した米国人のローレンス・ベイツ氏が、同性愛者であることをカミングアウト(公表)している自身の経験について、就任後初めて取材に応じた。(2018/12/23)

日本を含む12カ国で知的財産狙い不正侵入、米司法省が中国人2人の訴追を発表
これに関連して各国政府が同日、中国のサイバー活動に対して企業などに警戒を呼び掛けた。(2018/12/21)

ランサムウェアで病院や公共機関を脅迫、米司法省がイラン人2人の起訴を発表
イラン人の男2人はランサムウェア「SamSam」を使って多額の身代金を脅し取っていたとされ、被害は病院や公共機関など200以上、被害総額は3000万ドル以上と推計されている。(2018/11/29)

米司法省、国際広告詐欺グループを摘発 民間の協力でbotネット解体
デジタル広告の仕組みを悪用して多額をだまし取っていたとされるグループが摘発され、犯行に使われていたbotネットが解体された。(2018/11/29)

本格参入相次ぎ:
オリンパスが業績予想を下方修正 ミラーレス市場激化響く
オリンパスが19年3月期通期の連結業績予想を下方修正。(2018/11/6)

米司法省、中国と台湾の半導体企業などを起訴 米MicronからDRAM技術盗んだ罪
台湾の聯華電子と中国国有の福建省晋華集成電路および、米Micron Technologyの台湾子会社従業員だった台湾人3人が、経済スパイに関与した罪で米大陪審に起訴された。(2018/11/2)

米司法省、中国情報当局者らの訴追を発表 航空機エンジン情報狙ったハッキングの疑い
米司法省は、米国やフランスの航空宇宙企業からエンジンに関する技術情報を盗み出そうとしたとして、中国国家安全省の江蘇省支部職員などを訴追したと発表した。(2018/11/1)

極右のたまり場と非難されるSNS「Gab」一時閉鎖「新しいプロバイダーに移行して復活する」と予告
銃撃事件の容疑者が使っていたSNSのGabが、「あらゆるレベルのネットインフラプロバイダーからプラットフォームを奪われた」としてWebサイトを一時閉鎖している。(2018/10/30)

米司法省、選挙介入疑惑でロシア人の訴追を発表
米司法省は、ロシアがソーシャルメディアへの投稿や広告などを通じて「米国に対する情報戦争」を展開していると主張している。(2018/10/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。