ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「米司法省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

United States Department of Justice

アサンジ氏逮捕 米紙「報道の自由の英雄ではない」/露紙「立場逆なら称賛していた米国」
Wikileaks創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者が11日、英当局に逮捕された。身柄引き渡しを求める米国のメディアは、同容疑者の姿勢を「ジャーナリズムではない」と糾弾。一方、“共謀”が疑われているロシアの高官は「逮捕は報道の自由に反する」と英米を批判しているが、露メディアの見方は露政府の主張に冷ややかだ。(2019/4/23)

英警察が逮捕したアサンジ氏、米司法省が起訴 ロシアによる米大統領選干渉の全容解明に期待
ロンドンのエクアドル大使館に逃げ込んでいた内部告発サイト「ウィキリークス」創設者、ジュリアン・アサーンジ容疑者が逮捕されたことを受け、米司法省は11日、機密文書入手のためコンピューターに侵入した疑いで、同容疑者を訴追したと明らかにした。(2019/4/12)

「ハッカー攻撃」連日16億件以上……サイバー空間で何が? 自衛隊「サイバー防衛隊」初代隊長を直撃
日本政府は、サイバー攻撃に関する情報を官民で共有する新組織「サイバーセキュリティ協議会」を発足させた。政府は、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」にも、「防衛・反撃能力」強化を盛り込んだ。いま、サイバー空間で何が起きているのか。自衛隊「サイバー防衛隊」の初代隊長で、現在、情報セキュリティー会社で監視業務を統括する佐藤雅俊氏(58)を直撃した。(2019/4/5)

対策が急ピッチで進む:
日本は「マネロン天国」の汚名返上なるか 国際組織が今秋審査
犯罪収益の出所や所有者を分からなくするマネーロンダリング(資金洗浄)の対策に国内の金融機関が頭を悩ませている。国際組織「金融活動作業部会」(FATF、本部パリ)による立ち入り審査を今秋に控え「マネロン天国」の汚名を返上できるかの正念場にあるからだ。厳しい結果が出れば国際的な資金取引から締め出しを食らいかねない。顧客の格付けや現金の持ち込み送金を受け付けないなど、対策が急ピッチで進む。(2019/3/28)

マルウェア被害を防ぐには
マルウェア「Mirai」摘発の舞台裏 FBI捜査官が語る
2016年の大規模DDoS攻撃に使われたマルウェア「Mirai」。米連邦捜査局(FBI)でMiraiの摘発に関わった捜査官が、捜査の舞台裏とマルウェア被害を防ぐ方法について語った。(2019/3/20)

湯之上隆のナノフォーカス(10):
新たな世界ハイテク戦争の構図 ―― 米国、中国、Huaweiの3者のにらみ合い
米中におけるハイテク戦争では、2018年末以降、Huaweiが台風の目となっている。しかし、筆者には、3つの疑問がある。本稿では、3つの疑問について論じるとともに、世界のハイテク戦争が、米中二国間の単純な対立ではなく、米国、中国、Huawei3者のにらみ合いの構図になっていることを示す。(2019/3/13)

ランサムウェア+標的型攻撃=? 新たな攻撃、被害は数百万ドル
海外で「標的型ランサムウェア」による被害が広がっている。ランサムウェアというと「脆弱性が存在するPCやIT機器を無差別に襲うもの」というイメージもあるが、違うタイプという。対策は。(2019/3/12)

禁輸措置は根本的な解決ではない:
Huawei製品の締め出し、サプライチェーンに深刻な影響
ネットワーク機器やスマートフォンを手掛ける中国メーカーHuawei Technologiesは現在、米国および欧州市場から同社製機器が追放されるかもしれないという問題に直面し、論争を引き起こしている。もしHuaweiが、大きな損失を抱えることになれば、同社のサプライチェーンも痛手を負うことになるだろう。(2019/3/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
ファーウェイの「スパイ工作の証拠」を米国が示さない理由
中国の通信機器大手、ファーウェイを巡る情報が飛び交っている。排除を進める米国に対して「スパイ工作の証拠はない」と主張。トランプ大統領がファーウェイ排除の「見直し」を検討しているという話もある。今、ファーウェイ問題はどうなっているのか。(2019/2/28)

Appleの元顧問弁護士、インサイダー取引で起訴
米司法省は、Apple元顧問弁護士のジーン・レボフ氏をインサイダー取引で起訴した。(2019/2/14)

早ければ2月上旬に判決:
FTCのQualcomm訴訟、判決次第で5Gに多大な影響も
Qualcommの特許ライセンスの運命は、米連邦地方裁判所のLucy Koh判事の手中にある。世界トップ10にランクインする半導体メーカーである同社にとって、特許ライセンスは、最も利益が高い事業だ。Koh判事の判決は、Qualcommが同社のセルラーエコシステムで抱える、数百社に及ぶライセンシーに対して、大きな影響を及ぼす可能性がある。(2019/2/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
ファーウェイの“強気”はいつまで続くか 米国が繰り出す「次の一手」
中国・ファーウェイCFOの逮捕、起訴が注目される中、同社製品を巡る米中の攻防はさらに激しくなっている。排除の動きが広がる一方、ファーウェイ側は強気の姿勢を崩さない。熾烈なせめぎ合いは今後、どうなっていくのか。(2019/1/31)

取引規模は6800万ドル相当:
認証情報や個人情報の不正取引サイト、米欧の連携で摘発
世界各国で流出したコンピュータの認証情報や個人情報などの不正取引に使われていたWebサイト「xDedic Marketplace」が摘発された。(2019/1/30)

米司法省、中国HuaweiとそのCFOを詐欺で起訴
米司法省が、中国Huaweiと同社の孟晩舟CFOを詐欺などの罪で起訴したと発表した。「中国は国民と自国企業に法の順守の責任を問う必要がある」と司法長官代行が語った。(2019/1/29)

湯之上隆のナノフォーカス(8):
米中ハイテク戦争の背後に潜む法律バトル
激化の一途をたどる米中ハイテク戦争。実は、これは“法律バトル”でもある。本稿では、中国の「国家情報法」および米国の「国防権限法2019」を取り上げ、これら2つがどのようにハイテク戦争に関わっているかを解説する。(2019/1/22)

衝撃を与えた幹部の逮捕:
米国対Huawei、加速する全面対決の姿勢
Huaweiの経営幹部がカナダで逮捕されたことを受け、エレクトロニクス業界にも衝撃を広がっている。Huaweiをめぐり、米中による全面対決の姿勢がいっそう濃くなっている。(2018/12/26)

若者のロールモデルになりたい:
同性愛公表のパナソニック取締役ベイツ氏「LGBTへの差別は日本経済の損失」
6月にパナソニック初の外国人取締役に就任した米国人のローレンス・ベイツ氏が、同性愛者であることをカミングアウト(公表)している自身の経験について、就任後初めて取材に応じた。(2018/12/23)

日本を含む12カ国で知的財産狙い不正侵入、米司法省が中国人2人の訴追を発表
これに関連して各国政府が同日、中国のサイバー活動に対して企業などに警戒を呼び掛けた。(2018/12/21)

ランサムウェアで病院や公共機関を脅迫、米司法省がイラン人2人の起訴を発表
イラン人の男2人はランサムウェア「SamSam」を使って多額の身代金を脅し取っていたとされ、被害は病院や公共機関など200以上、被害総額は3000万ドル以上と推計されている。(2018/11/29)

米司法省、国際広告詐欺グループを摘発 民間の協力でbotネット解体
デジタル広告の仕組みを悪用して多額をだまし取っていたとされるグループが摘発され、犯行に使われていたbotネットが解体された。(2018/11/29)

本格参入相次ぎ:
オリンパスが業績予想を下方修正 ミラーレス市場激化響く
オリンパスが19年3月期通期の連結業績予想を下方修正。(2018/11/6)

米司法省、中国と台湾の半導体企業などを起訴 米MicronからDRAM技術盗んだ罪
台湾の聯華電子と中国国有の福建省晋華集成電路および、米Micron Technologyの台湾子会社従業員だった台湾人3人が、経済スパイに関与した罪で米大陪審に起訴された。(2018/11/2)

米司法省、中国情報当局者らの訴追を発表 航空機エンジン情報狙ったハッキングの疑い
米司法省は、米国やフランスの航空宇宙企業からエンジンに関する技術情報を盗み出そうとしたとして、中国国家安全省の江蘇省支部職員などを訴追したと発表した。(2018/11/1)

極右のたまり場と非難されるSNS「Gab」一時閉鎖「新しいプロバイダーに移行して復活する」と予告
銃撃事件の容疑者が使っていたSNSのGabが、「あらゆるレベルのネットインフラプロバイダーからプラットフォームを奪われた」としてWebサイトを一時閉鎖している。(2018/10/30)

米司法省、選挙介入疑惑でロシア人の訴追を発表
米司法省は、ロシアがソーシャルメディアへの投稿や広告などを通じて「米国に対する情報戦争」を展開していると主張している。(2018/10/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
「米粒スパイチップ」だけじゃない 中国に“情報を盗まれる”恐怖
米大手企業に対する中国のハッキング疑惑が報じられ、話題になった。しかし、その手口はこれまでも世界中で行われてきたサイバー工作だ。中国があの手この手で実践してきた、ターゲットが気付かないうちに膨大な情報を盗み出す手法とは……(2018/10/18)

米司法省、ロシアの情報員7人をサイバー攻撃関与で起訴
米司法省が、ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)に所属する情報員7人を、国際的なサイバー攻撃と虚偽情報の操作を行ったとして起訴した。そのうち3人は2月に米大統領選介入関連で起訴された13人と重なる。(2018/10/5)

FBIのサイバー犯罪捜査に協力:
IoTマルウェア「Mirai」に関与の若者3人、司法取引で保護観察処分に
3人は司法取引に基づいてFBIの捜査に協力し、複雑なサイバー犯罪の捜査に貢献した功績が評価された。1人はサイバーセキュリティ企業に採用されたという。(2018/9/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
暴かれた「北朝鮮サイバー工作」の全貌 “偽メール”から始まる脅威
2014年に米国で発生した大規模サイバー攻撃の犯行メンバーとして、北朝鮮ハッカーが訴追。メールやSNSを悪用した犯行の詳細が明らかにされた。北朝鮮という「国家」によるサイバー工作の恐ろしさとは……(2018/9/13)

米司法省、北朝鮮のプログラマーを訴追 WannaCryやソニー攻撃に関与と断定
世界で猛威を振るったマルウェア「WannaCry」や、Sony Pictures Entertainmentの社外秘情報が流出した事件に関与したとして、北朝鮮国籍のプログラマーが訴追された。(2018/9/7)

セキュリティと利便性のトレードオフ
病院の情報セキュリティは、ベストプラクティスとユーザーニーズのバランスが難しい
病院のITを担う医療情報部門では、スタッフに不便を感じさせずに患者データのセキュリティを確保する方法を絶えず模索している。課題は、セキュリティとユーザーニーズを満たす妥協点を見つけることだ。(2018/8/21)

ダークウェブ界の大物、痛恨のミス 見えてきた“正体”
ダークウェブを調査するホワイトハッカーが、世界最大のダークウェブマーケットであるDream Marketの管理人の素性に迫る。(2018/8/8)

2000万ドル相当の仮想通貨も押収:
全米でダークネットを集中摘発、武器や医薬品など大量に押収
ダークネットの取引サイト上で、捜査員が米ドルと仮想通貨を交換するマネーロンダリング業者を装い、違法商品の販売にかかわっていた多数の人物を割り出した。(2018/6/28)

AT&T、Time Warnerの850億ドルでの買収を完了
AT&Tが、連邦地裁による承認を受け、Time Warnerの850億ドルでの買収を完了した。同社に敗訴した米司法省はまだ上訴を検討しているが、買収完了に条件付きで合意した。(2018/6/15)

AT&Tによる850億ドルでのTime Warner買収を米連邦地裁が承認
AT&Tが2016年に発表し、2017年に米司法省が阻止しようと提訴していたTime Warnerの買収を連邦地裁が無条件で承認した。(2018/6/13)

FBI、ビジネスメール詐欺で74人逮捕 不正送金された約15億円を回収
FBIは米政府機関や各国の捜査当局と連携して「Wire Wire作戦」を展開、不正送金にかかわったとして米国やナイジェリアで74人を逮捕した。(2018/6/12)

米司法省はコメント拒否:
仮想通貨市場で価格操作? 米司法省とCFTCが捜査開始か
5月24日は仮想通貨市場の変動が大きい1日となった。Bloombergが米司法省と米商品先物取引委員会(CFTC)が仮想通貨の価格操作について公開捜査を行っているようだと報じたことが影響したとみられる。(2018/5/25)

ハイレベルマイコン講座(1)【セキュリティ編】:
マイコンのセキュリティ機能を詳細解説 〜ハードウェア編
マイコンを使い込んでいる上級者を対象にさらなるスキルアップ、知識習得を目指す連載「ハイレベルマイコン講座」。今回から2回にわたって、マイコンで実現されるセキュリティ機能について詳しく解説する。(2018/5/29)

トランプ大統領はTwitterで誰もブロックしてはいけないという判決
ドナルド・トランプ米大統領のTwitterアカウント「@realDonaldTrump」からブロックされた複数のユーザーがこの行為を憲法違反だとして訴えた裁判で、連邦地裁はブロックは違憲という判決を下した。(2018/5/24)

トランプ氏への支持も抗議も:
FacebookやInstagramを使い、米大統領選に介入 ロシア人13人を起訴
起訴されたロシア人13人はSNSに虚偽のアカウントを開設し、「米国に対する情報戦争」を展開していたとされる。(2018/2/19)

インターネットの大規模犯罪集団、各国の連携で摘発 被害総額は5億3000万ドル以上
多国籍企業さながらの組織運営で盗まれた個人情報やクレジットカード情報の売買や、メンバー向けサービスの提供を行っていた国際犯罪集団が摘発され、36人が訴追された。(2018/2/8)

Apple、「iOS 11.3」で電子書籍にテコ入れ、オーディオブックコーナーも──Bloomberg報道
今春公開予定の「iOS 11.3」では、電子書籍アプリ「iBooks」が「Books」になってユーザーインタフェースがシンプルになり、オーディオブックコーナーが新設されるとBloombergが報じた。(2018/1/26)

米司法省、IoTマルウェア「Mirai」に関与の3人を訴追
米国に住む20〜21歳の3人は、2016年夏から秋にかけ、Miraiに感染させたIoT機器でボットネットを形成し、持ち主に無断で制御した罪を認めているという。(2017/12/14)

NSA元契約職員、極秘国防文書自宅持ち帰りで有罪判決
米司法省が、NSAの元契約職員が2010〜2015年に極秘の国防情報を故意に保持したとして有罪判決を下したと発表した。この職員の私物PCからロシア政府のハッカーが情報を盗んだとみられている。(2017/12/4)

米司法省、AT&Tを提訴 Time Warner買収阻止目的で
米司法省が、AT&Tが昨年10月に発表したTime Warnerの買収を阻止する目的で独禁法訴訟を起こした。AT&Tは「裁判所は合併を許可するはず」としている。(2017/11/21)

TechFactory通信 編集後記:
「中華品質」などとやゆできない、「日本品質」を巡る厳しい現実
世界が日本をどう見ているのか……。(2017/10/28)

Apple、新法務顧問にキャサリン・アダムス氏 FBIと闘ったスウェル氏は引退
Appleが、年末に法務顧問兼上級副社長を退任するブルース・スウェル氏の後任として、Honeywellの法務顧問、キャサリン・アダムス氏を指名したと発表した。(2017/10/9)

世界最大の闇市場、国際捜査で摘発 禁止薬物やマルウェアを大量売買
AlphaBayは、約4万の販売業者と20万人のユーザーが利用。禁止薬物や毒物、盗まれた個人情報や偽造品、マルウェアなどのハッキングツール、火器などがダークWebで売買されていた。(2017/7/21)

がっかりすぎる内容で物議を醸した高額イベント「Fyre Festival」主催者が逮捕 虚偽報告で投資を得た疑い
主催者のひとりであるウィリアム・マクファーランド容疑者を逮捕。(2017/7/3)

2位はトヨタ自動車:
経営破綻のタカタ、債権額トップは米国政府415億円
経営破綻した自動車部品大手のタカタの、主な債権者が判明。東京商工リサーチによると、債権額のトップは米国政府の約415億7000万円。(2017/6/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。