ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年11月02日 08時38分 公開

写真共有のFlickr、無料版は1TBから1000点に縮小、超過分は2019年2月5日に削除へ

4月に同業のSmugMugに買収された写真共有のFlickrが、プロ向けサービスにシフトし、無料版で保存できる点数を1000点に縮小すると発表した。放置しておくと来年2月5日に超過分を古い方から削除される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 写真共有サービスの米Flickrは11月1日(現地時間)、同業の米SmugMugに買収されて以来の大幅なアップデートを発表した。プロの写真家向けサービスによりシフトし、無料版は縮小する。

 flickr 1 Flickrの画面

 無料版のユーザーは現在、1TBのストレージを利用できているが、これが来年には写真あるいは動画を1人1000点までしか保存できなくなる。

 1000点以上の写真あるいは動画を保存している無料ユーザーは、2019年1月8日までに有料版に移行あるいは超過分をダウンロードしないと、同日以降は写真あるいは動画をアップロードできなくなる。

 有料版に移行せず、超過した写真あるいは動画を削除もしなかった無料版ユーザーの超過分の写真あるいは動画は、古いものから2月5日に削除される。

 有料版の「Flickr Pro」は年額50ドル(約5630円)だ。

 Flickr Proには向こう数カ月中に様々な改善が加えられる。フル解像度の写真および動画を無制限にアップロードでき、広告は表示しない。動画の長さは従来の3分から10分になり、AdobeやSamsungなどのパートナーのディスカウントを利用できるようになる。

 さらに、11月30日までにFlickr Proに登録すると、1年間は30%引きになる。

 flickr 2 Flickr Proの料金体系

 なお、4月に予告していたログインに米Yahoo!へのログインが必要でなくなるのは来年1月の見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.