ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年11月05日 21時54分 公開

「Microsoftの技術を積み木のように使って」 米MSのサティア・ナデラCEO、デジタルシフトするビジネスに指摘

米Microsoftのサティア・ナデラCEOが「Microsoft Tech Summit 2018」に登壇。あらゆる業界がデジタルへシフトする中、企業に重要な2つの要素について話した。

[村田朱梨,ITmedia]

 11月5日、米Microsoftのサティア・ナデラCEOが、都内で行われた日本マイクロソフトのイベント「Microsoft Tech Summit 2018」(11月5〜7日)の基調講演に登壇した。ナデラCEOは、「あらゆる業界がテクノロジーを活用したビジネスに変化している。必要なのは、テクノロジーを取り入れるスピードと、テクノロジー活用の差別化だ」と話した。そこには2つの要素が大きく関係するという。

photo 米Microsoftのサティア・ナデラCEO

 ナデラCEOは、今後はあらゆる企業にとって「Tech Intensity」(技術的な強み)が必要になると説明する。テクノロジー企業でなくとも、その企業が“技術的な強み”を蓄えるには、「ワールドワイドクラスのテクノロジーをどれだけ採用しているか」(Tech adoption)と、「テクノロジーをその組織特有な形で生かす能力」(Tech capability)の2つが重要になるとした。

photo Tech Intensity

 これらを踏まえ、ナデラCEOはクラウドサービスの提供を通じて顧客のデジタルトランスフォーメーションをサポートすることを強調している。

 「顧客には、Microsoftの技術(で必要なもの)を積み木のように使ってほしい。クラウドならそれが実現できる。われわれは私たちのパートナーが何を作り、どんな成功を収めたのかが重要だ。それがMicrosoftの核になっている」(ナデラCEO)

 他にデジタルビジネスで企業が考えるべきこととして、ナデラCEOは「プライバシー」「サイバーセキュリティ」「AI(人工知能)の倫理」を上げた。

 特にAIについては「コンピュータが何をするのかだけでなく、『何をすべきか』を考える時代になった」と、AIが判断の基準に使う倫理的なルールの必要性をアピール。Microsoftは内部委員会を設置してAIの倫理原則などを検討しているが、(不利益をもたらさない)倫理的なAIをどうやって作るのかについては、「業界で協力し、グローバルな原則を作らなければならない」(ナデラCEO)と、企業のしがらみを乗り越えた協力が必要であると強調した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.