ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年11月22日 09時45分 公開

Amazonユーザーの氏名やメールアドレス、手違いで公開

米国や英国のAmazonがユーザーに宛てて、「Amazon.comアカウントについての重要なお知らせ」という告知メールを送信している。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米国や英国のAmazonは11月21日、同社のサイトでユーザーの名前や電子メールアドレスが公開される手違いがあったとして、一部のユーザーに告知メールを送信した。

photo Amazon.com

 この問題は、メールを受け取ったというユーザーのTwitterへの投稿などを通じて発覚した。それによると、英語で「Amazon.comアカウントについての重要なお知らせ」という内容のメールが届き、本文には「技術エラーにより、われわれのWebサイトが手違いであなたの名前と電子メールアドレスを公開してしまいました。問題は解決されています。これはあなたがしたことの結果ではなく、あなたがパスワードを変更するなどの措置を講じる必要はありません」と記されていた。

 本文の末尾には、「http://Amazon.com」または「http://Amazon.co.uk」などのリンクが記載されている。

photo 米国や英国のAmazonがユーザーに送ったメール(出典:The Register)

 英メディアのThe Registerによると、こうした報告は英国や米国、オランダのほか、韓国と思われるユーザーからも寄せられているという。

 Amazonはメディア各社の取材に対し、このメールは同社が送信したものだったことを確認した上で、「問題は修正し、影響を受けた可能性のある顧客に告知した」と説明している。しかし、原因や影響を受けたユーザーの数など、詳細については明らかにしていない。

 The Registerによれば、英国のAmazonは、ハッキングや不正侵入によって情報が流出したわけではないと説明しているという。米Ars Technicaは、プログラミングエラーやバグによって、一部のユーザーの名前やメールアドレスが他人に見られる状態になっていたのではないかと推測。「決済カード情報や購入履歴などの個人情報は、流出していないと思われる」と伝えている。

関連キーワード

Amazon | 情報流出


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.