ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年11月29日 13時24分 公開

「LINEが勝手にインストールされた」Windows 10の“おせっかい機能”不評

「PCに、LINEが勝手にインストールされていた」――11月10日ごろから、Windows 10のユーザーが困惑の声を上げている。その理由は。

[岡田有花,ITmedia]

 「PCに、LINEが勝手にインストールされていた」「インストールした覚えがないのに、LINEアプリのログイン画面が表示されて驚いた」――11月10日ごろから、Windows 10のユーザーが困惑の声を上げている。Windows 10の“おせっかい”な機能によって、LINEが自動でインストールされていたのだ。

画像 Windows 10のLINEアプリ。インストールした覚えがないのにこの画面が表示されて驚いたユーザーが多い

 日本マイクロソフトによるとWindows 10には、国や地域のニーズに合わせたおすすめのアプリを、ユーザーへの通知や許諾なしで自動でインストールする機能が付いており、この秋の大型アップデートでは、LINEや「3D Viewer」などが対象になったという。このため、秋のアップデートを適用したWindows 10ユーザーのPCで、「身に覚えのないLINEアプリがいつの間にかインストールされている」という事態が起きたのだ(環境や設定によってはインストールされない場合もある)。

 過去のアップデートでは、「Candy Crush」や「Minecraft」といったアプリが自動インストールの対象になっており、その時もユーザーが困惑していた。

 最近インストールされたアプリは、「ストア」アプリの「インストール済み」などから確認できる。自動インストールされた不要なアプリをアンインストールしたい場合は、同社のカスタマーサポートに連絡すれば、削除の方法などを説明するという。

 アプリの自動インストール機能はユーザーからはおおむね不評だ。同社は「要望を真摯に受け止め、ユーザーの声を聞きながら対応していく」とコメントしている。

 ちなみに、秋のおすすめアプリにLINEが選ばれたのはあくまでマイクロソフトの判断で、LINEは無関係だ。LINEは「当社でも状況は把握しているが、LINEとしては対応策はない」と話している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.