ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年11月29日 18時33分 公開

5Gで「分身ロボット」をワイヤレス化、トヨタとドコモが成功

NTTドコモとトヨタ自動車は、5G回線を使ってヒューマノイドロボット「T-HR3」の遠隔制御に成功した。5Gの低遅延性を生かし、これまで有線接続が前提だったT-HR3の操縦を一部ワイヤレス化する。

[ITmedia]

 NTTドコモとトヨタ自動車は11月29日、5G回線を使ってヒューマノイドロボット「T-HR3」の遠隔制御に成功したと発表した。5Gの低遅延性を生かし、これまで有線接続が前提だったT-HR3の操縦を一部ワイヤレス化する。

トヨタ自動車のヒューマノイドロボット「T-HR3」

 T-HR3は、操縦者の動きをロボットが再現する「マスター操縦システム」を採用したテレイグジスタンス(遠隔存在)ロボット。ロボットにかかるトルク(外部の力)を感知しつつ、意図したトルクを発生させる「トルクサーボモジュール」を全身29カ所に搭載し、あたかも操縦者の分身になったかのように「やさしく、しなやかな動き」を実現した。今回の実験では、28GHz帯の周波数帯を使用している。

「トルクサーボモジュール」を全身29カ所に搭載

 T-HR3とマスター操縦システムの間では低遅延で制御信号をやり取りする必要があり、これまでは有線接続で実験を進めてきた。しかし低遅延が特徴の5G基地局と5G端末を利用することで一部をワイヤレス化した遠隔制御に成功したという。「ボールを両手で挟んで持つ、人と握手するといった、力の伝達が必要な動作を有線接続時と遜色のないレベルで行えることを確認した」(NTTドコモ)

5Gによる遠隔操作のイメージ

 両社は12月6日(木)と7日(金)に東京ビッグサイトで開催するドコモのプライベートイベント「DOCOMO Open House 2018」でT-HR3のデモンストレーションを実施する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.