ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年11月29日 19時00分 公開

AWS、ブロックチェーンに本腰 「数クリック」でネットワークを構築できるフルマネージドサービスを提供

AWS上にブロックチェーンネットワークを構築できる「Amazon Managed Blockchain」が登場。何千ものアプリケーションや何百万もの取引をサポートできるネットワークを「わずか数回のクリック」で構築できるという。

[山口恵祐,ITmedia]

 米Amazon.com傘下のAmazon Web Services(AWS)は11月28日(現地時間)、AWSクラウド上にブロックチェーンネットワークを構築できる新機能「Amazon Managed Blockchain」を発表した。英語圏のユーザーを対象に、プレビュー版の申し込みを受け付けている。

photo

 オープンソースのブロックチェーンフレームワーク「Hyperledger Fabric」「Ethereum」を使い、AWS上にブロックチェーンネットワークを構築、管理できる機能。取引数やネットワーク参加者の増減に応じ、自動でインフラ規模を拡張できるのが特徴だ。サーバ保守や運用管理を一括して行うフルマネージドサービスとして提供する。

 従来、スケーラブルなブロックチェーンネットワークを構築するには、ネットワーク参加者それぞれがハードウェアなどのリソース、ネットワークに接続するためのソフトウェアを用意するなど、煩雑な作業が必要だった。

 新サービスでは「わずか数回のクリック」(同社)でブロックチェーンネットワークのセットアップと管理が完了する。データ量に合わせて自動的にインフラを拡張することで、数千個のアプリケーションや数百万件の取引をサポートできるという。

photo

 同社が同時発表したフルマネージドの中央集権型元帳データベース「Amazon Quantum Ledger Database」(QLDB)と連携し、構築したブロックチェーンネットワークの取引履歴を複製する機能も備える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.