ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年11月30日 16時24分 公開

同人作家にイラスト発注できる「Skeb」公開 海外からの依頼も自動翻訳、未払い回避も

同人作家など登録クリエイターに有償でイラスト制作を発注できるサービス「Skeb」が公開。海外からの依頼はクリエイターの使用言語に自動翻訳。製作開始時点で運営側が報酬を預かることで、未払いを回避する仕組みも備えた。

[ITmedia]

 同人作家など登録クリエイターに有償でイラスト制作を発注できるサービス「Skeb」を、クリエイター支援事業を展開する外神田商事が11月30日に公開した。SNSアイコンなどに使うイラストを手軽に依頼でき、海外からの依頼はクリエイターの使用言語に自動翻訳。製作開始時点で運営側が報酬を預かることで、未払いを回避する仕組みも備えた。

画像
画像

 登録クリエイターに対して、140文字以内のテキストでイラストを有償依頼できるサービス。入力内容を最小化することで、依頼・受注のハードルを低くしたほか、自動翻訳によって世界中のファンとのやりとりを可能にした。クライアントとクリエイターのやりとりは「リクエストをもらう」「納品する」の1往復にとどめ、リテイクや打ち合わせの手間も省いた。

 納品されたイラストの権利はクリエイターに帰属し、発注者はSNSアイコンやプロフィール画像、オンラインゲーム(PBW)のアバターなど一部の用途に限り2次利用できる。

 発注金額から最大13.6%の手数料を差し引いた額がクリエイターの取り分として表示される。製作開始時点で運営側が報酬を預かる仕組みにして未払いを回避。期限が過ぎても納品されなかった場合は、依頼主に返金する。

 運営する外神田商事は、クリエイター向け確定申告パッケージ「ドージン・ドット・タックス」などを提供しており、「自分達が便利だと思う、作家による作家のためのサービスを展開している」という。同社は「北米では『コミッション』と呼ばれる、個人がクリエイターに有償でイラストを依頼する文化が普及している一方、日本国内ではファンが気軽に依頼できる環境はなかった。コミッションを日本へ普及させるとともに、海外のマンガファンが増える中、言語の問題を考えずにコミッションを可能とするサービスとしてSkebを提供する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.