ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年09月27日 10時56分 公開

「自分そっくりの3Dキャラをインスタ投稿」が流行中

SNOWのiPhoneアプリ「ゼペット」が話題だ。その理由は?

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 SNOWが、iPhone用3Dキャラクターアプリ「ZEPETO」を、App Storeにて無料配布を開始している。

photo ZEPETO

 ARカメラ「SNOW」や「LINE Camera」などを開発している同社がリリースした3Dアバター作成アプリだ。

 iPhoneのTrueDepthカメラまたはFaceTime HDカメラを利用して、そっくりな3Dキャラクターを自動生成してくれる。

 自動生成された3Dキャラクターの肌の色、髪型、目、鼻、口などを変更することも可能。

 アカウント作成には、メールアドレスかFacebookアカウントが必要。

 ZEPETOはチャット機能も搭載されていて、ZEPETOで作成した3Dキャラクターを元にした自動生成による絵文字ステッカーを使って、チャットで盛り上がることも可能だ。

photo ZEPETO

 絵文字ステッカーは、プロフィールの絵文字タブをタップすると表示される。

 この絵文字ステッカーは、写真として、メッセージやメールなどに添付して使用することも可能。

 ステッカーのデザインは、アメリカ向けな感じもする。

 ZEPETOには、自分の部屋を作成することが出来る「クローゼット」という機能がある。

photo ZEPETO

 プロフィールからスペースをタップし、表示された部屋の+を押して、家具や小物類、壁紙や床を自由に編集する。

 ZEPETOが、流行っている理由の一つとして、このクローゼットでポーズをとった写真をInstagramに投稿することが流行している点が挙げられる。

photo

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.