ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年12月04日 12時39分 公開

ヘルメットに速度メーターなど表示、着脱可能 19年度に発売へ JDI

ヘルメットにヘッドアップディスプレイを外付けできるユニット「XHD-02 KAIKEN」をジャパンディスプレイが開発している。

[ITmedia]

 ジャパンディスプレイは12月4日、ヘルメットにヘッドアップディスプレイを外付けできるユニット「XHD-02 KAIKEN」を開発していると発表した。オートバイなどを運転中、視線をそらすことなくスピードメーターやナビ情報を確認できる。2019年度中に発売予定。

photo XHD-02 KAIKEN

 ヘッドアップディスプレイは、クルマなどのフロントガラスに、速度やナビ、警告などを表示する技術。新たに開発したXHD-02 KAIKENは、ヘルメットに外付けするユニットとして販売する。着脱可能な構造を採用し、あらゆる分野のヘルメットで利用できるとしている。

 同社は8月、ヘッドアップディスプレイを搭載するヘルメット「スパルタ」を発表していた

photo スピードメーターなどを表示=ジャパンディスプレイの動画より
photo スノーボーダーのヘルメットにも装着
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.