ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年12月05日 15時48分 公開

横須賀15億円、台南50億円 「ポケモンGO」のイベント経済効果

米Nianticはこのほど、2018年に実施したリアルイベントの経済効果について報告した。今年8月の横須賀は約15億円、11月に台湾の台南市で実施したイベントは50億円を超える経済効果があったという。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)を運営する米Nianticはこのほど、2018年に実施したリアルイベントの経済効果について報告した。今年8月の横須賀イベントは約15億円、11月に台湾の台南市で実施したイベントは50億円を超える経済効果があったという。新機能「トレーナーバトル」の説明会で明らかにした。

今年8月の「ポケモンGO サファリゾーン横須賀」(初日のヴェルニー公園)

 8月29日〜9月2日まで開催した「ポケモンGO サファリゾーン横須賀」は、抽選に当たったトレーナー(プレーヤー)のみが対象だったため、イベントにチェックインした人は6万5000人にとどまる。しかし横須賀市などによると、地元商店街がステッカーの配布やなどで盛り上げ、5日間で延べ20万人以上が同市を来訪したという。一方、11月1〜5日まで台湾の台南市で行われた「Pokemon GO Safari Zone in Tainan」は誰でも参加できるオープン型のイベントで、訪問者数は5日間で約100万人に達した。

イベント開幕には横須賀市の上地克明市長もかけつけた

 最近は「ポケモンGOツーリズム」(ポケモンGOをプレイするための旅行)という言葉も耳にするようになったが、ポケモンGOのリアルイベントは以前からその集客力が注目されていた。2016年11月11〜21日に宮城県石巻市で開催された「ラプラス」出現イベントは約10万人が現地を訪れ、経済効果は約20億円。17年11月の鳥取イベントは3日間で約8万9000人を動員し、経済効果は約18億円と発表されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.