ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年12月06日 12時12分 公開

「クモの糸を凌駕する」ミノムシの糸、製品化へ 「世界最強の糸」と期待

ミノムシの糸の製品化を可能にする技術開発に成功したと、興和と農研機構が発表。「これまで自然界で最強と言われていたクモの糸をしのぐ、世界最強」の糸だとし、早期に生産体制を構築する。

[ITmedia]

 医薬品メーカーの興和(名古屋市)と、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構・つくば市)は12月5日、ミノムシの糸の製品化を可能にする技術開発に成功したと発表した。ミノムシの糸はクモの糸より弾性や強度が高いことを発見。「これまで自然界で最強と言われていたクモの糸をしのぐ、世界最強」の糸だとアピール。新たなバイオ素材としての応用に期待し、早期に生産体制を構築する。

画像

 ミノムシの吐く糸は、弾性率(変形しにくさ)、破断強度、タフネスすべてにおいてクモの糸を上回っていることを発見したほか、熱に対しても高い安定性を示したという。ミノムシの糸を樹脂と複合することで、樹脂の強度が大幅に改善されることも分かった。

 ミノムシから1本の長い糸を取り出す技術を考案し、特許を出願したほか、効率的な採糸方法も確立。ミノムシの人工繁殖や大量飼育法も確立したという。

 ミノムシの糸は、タンパク質から構成されているシルク繊維であるため、「革新的バイオ素材として、脱石油社会に貢献できる持続可能な製品」と期待を寄せるほか、再生医療用素材としての可能性にも期待している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.