ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年12月06日 13時51分 公開

安定版の「Google Chrome 71」公開、不正防止の対策実装

計43件の脆弱性が修正された他、Web上の不正防止を目指す対策が導入される。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Googleは2018年12月4日、Webブラウザの安定版「Google Chrome 71」を公開した。計43件の脆弱(ぜいじゃく)性を修正した他、Web上の不正防止を目指すセキュリティ対策を導入している。

 Googleの「Chrome Releases」によると、今回公開した安定版はデスクトップ(WindowsとMac、Linux)向けの「Chrome 71.0.3578.80」と、Android向けの「Chrome 71.0.3578.83」。デスクトップ版で修正した43件の脆弱性の中には、外部の研究者から報告された危険度「高」の脆弱性が13件含まれる。それぞれ1000〜6000ドルの賞金を贈呈しているという。

デスクトップ版「Chrome 71.0.3578.80」のセキュリティ情報の一部

 Chrome 71の機能については事前の告知があった。

 公式ストア以外のWebサイトから拡張機能を直接入手できる「インラインインストール」を廃止し、拡張機能はChrome Web Store経由でしかインストールできなくなると説明していた。

 また、ユーザーへの情報提供が不十分なままサブスクリプション料金を課金するサービスに対し、警告を表示する仕組みを導入。ユーザーをだましてクリックするよう仕向けるなどの不正行為が行われているWebサイトに対しては、全ての広告を削除する措置を講じると通告していた。

関連キーワード

Google Chrome | セキュリティ | 脆弱性


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.