ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年12月10日 19時09分 公開

ローソンに「からあげクン」無人調理ロボ あすからテスト

ローソンが「からあげクン」を自動調理するロボットを都内1店舗で試験運用する。

[山口恵祐,ITmedia]

 ローソンは12月10日、店内調理のホットスナック「からあげクン」を無人で調理、提供するロボット「できたてからあげクンロボ」を開発したと発表した。レジで客から注文を受けた後、調理から提供までを自動で行い、揚げたての商品を提供する。TOC大崎店(東京都品川区)で11日から試験運用する。

photo

 長方形の液晶ディスプレイを備える、高さ153.8センチの調理ロボット。利用するにはレジでからあげクンを注文し、空のパッケージを受け取る。そこに記載されているバーコードを機械に読み取らせ、空パッケージをボックス内にセットすると、調理完了後にからあげクンが自動で投入される仕組みだ。

photo レジでからあげクンを購入、従業員からパッケージを受け取る
photophoto パッケージのバーコードを読み取らせる(左)。扉を開けてパッケージをセットする(右)
photophoto 揚げたてのからあげクンがパッケージに自動で投入される(左)。扉を開けて取り出せる

 提供メニューはからあげクン3種(レギュラー、レッド、チーズ)。従業員と比べて、調理時間を5分の1に短縮したという。揚げたての商品を提供するニーズを検証するのが狙いで、将来は注文から提供までの完全自動化を目指す。

 運用期間は28日まで。稼働時間は11〜16日が午前10時〜午後5時、17日以降は午後9時まで。

 ローソンは2017年10月、買い物困難者のサポートを目指し、からあげクンをドローンで飛ばしていた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.