ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年12月11日 06時16分 公開

あとはトヨタだけ? マツダCX-8、CX-5のマツダコネクト「CarPlay」対応を実車チェック

これで国内主要自動車のCarPlay対応はトヨタ、レクサスを残すのみとなった。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 マツダが販売する、2018年11月29日発売の改良型「CX-8」と、2018年11月22日発売の改良型「CX-5」から、コネクティビティシステム「マツダ コネクト」が「CarPlay」と「Android Auto」に対応した。

 これで国内販売している主要自動車メーカーのうち「トヨタ自動車/レクサス」のみが、CarPlay非対応となる(US TOYOTAは対応)。

 さっそくチェックしてみた。

photo CX-5/CX-8

 CX-5、CX-8共にセンターディスプレイは同じ。

 コンソールボックス内にあるUSBコネクタのうち、スマートフォンアイコンがある方にLightning USBケーブルを接続し、さらにLightningコネクタにiPhoneを接続する。

photo マツダ コネクト

 初回のみApple CarPlayを接続するダイヤログが表示されるので「開始」を押す。

 センターディスプレイ上にCarPlay画面が表示される。

photo マツダコネクト:CarPlay

 基本は、センターに設置されている「コマンダースイッチ」を使用して操作するが、ハンドルの「トーク」ボタンを押してSiriを呼び出し、音声コントロールも可能。

 タッチパネル操作できるのは停車時のみ。

 CarPlayに対応したマツダ コネクトは、USB On-The-Go規格に対応したUSBハブが必要のようで、CX-5、CX-8のどちらも新しいUSBハブに変わっていた。

photo USB On-The-Go規格対応USBハブ

 CMUのソフトウェアも最新版となっていた。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.