ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年12月30日 08時04分 公開

AirPods紛失防げる? Apple Watch使う奇策

iQLaboのAirPods用シリコンホルダーを試した。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Apple WatchのバンドにAirPodsを収納することができる「AirPods用シリコンホルダー」を試してみた。

photo AirPods用シリコンホルダー

 iQLaboが販売するAirPods用シリコンホルダーは、ホワイトとブラックの2色がセットになっている。

 Apple Watch スポーツバンドにシリコンホルダーを装着することで、ランニング時など、Apple Watch(GPS + Cellular)モデルとAirPodsだけで使用するような用途の場合に便利だ。

 Apple Watch Nikeスポーツバンドにシリコンホルダーを装着し、AirPodsを収納して腕にApple Watch Nike Series 4を装着してみた。

photo AirPods用シリコンホルダーを腕に装着

 AirPods 充電ケースを持ち歩く必要がないため、トレーニング時の身軽さが格段にアップする。

 Apple Watchバンドのスポーツループで44mm幅の場合、バンドの先の留部の幅が、シリコンホルダーの差込口よりも大きいため装着するのが難しい。

photo AirPods用シリコンホルダー

 40mm幅では装着できた。

 使用しているApple Watchバンドが44mm/スポーツループの場合は注意が必要だ。

 Apple WatchとAirPodsを接続している場合、文字盤では、上にスワイプ、ほかの画面では、画面の下部をタッチして押さえたままにしてから、上にスワイプしてコントロールセンターを開き、バッテリー残量(%)をタップすると、Apple Watch本体のバッテリー残量に加えて、AirPodsのバッテリー残量も確認することが可能だ。

photo Apple WatchとAirPods

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.