ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2019年01月06日 07時17分 公開

ペプシコ、スナックとドリンクの移動販売ロボットを大学キャンパスで提供開始

食品・飲料大手のPepsiCoが、大学のキャンパス内でスナックやドリンクを移動販売するロボットをパシフィック大学で運用開始した。アプリで注文すると最寄りの配達場所にロボットが届けてくれる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米食品・飲料大手のPepsiCoは1月3日(現地時間)、ヘルシーなスナックやドリンクを移動販売するロボット「snackbot」を米カリフォルニア州のパシフィック大学で提供開始したと発表した。

 snack 1 移動販売ロボット「snackbot」

 大学のアカウントでのみログインできるiOSアプリで注文すると、キャンパス内の最寄りのsnackbotが商品を届けに来る。届ける場所は約71万平方メートルのキャンパスの50カ所に限られる。支払いはアプリに登録したカードやモバイル決済サービスなどで行う。

 snack 2 発注アプリ

 snackbotは米新興企業Robby Technologiesが開発した。同社が昨年のCESで披露した配送ロボット「Robby 2」と同様に、6輪駆動で急な坂やカーブも走行できる。カメラとLEDのヘッドライトを搭載し、暗闇や雨天でも走れる。1回の充電で約32キロ走行可能。

 snack 3 緑のフタを開けて注文品を取り出す

 紹介動画を見ると、人が歩くくらいの速度で移動するようだ。配送場所で待っているとsnackbotが到着し、緑のフタを開けて注文品を取り出してフタを閉めると決済が完了する。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.