ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2019年01月07日 08時54分 公開

CES 2019:AMDプロセッサ搭載Chromebook、まずはAcerとHPから

AMDのAPU搭載ChromebookがまずはHPから1月に、Acerから2月に発売される。HPの「Chromebook 14」は269ドル(約2万9000円)から、Acerの「Chromebook 315」は279.99ドルからだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米AMDは1月7日(現地時間)、米Googleの「Chrome OS」をサポートする新APU(CPUとGPUを統合したプロセッサ)「第7世代 AMD A-Series」を発表した。まずは米HPと台湾Acerが同APU搭載Chromebookを発売する。Acerの「Chromebook 315」は2月に北米で発売される。価格は279.99ドル(約3万円)から。HPの「Chromebook 14」は1月に北米で、269ドルからで発売される。いずれも日本で発売されるかどうかはまだ不明だ。

 amd 1 AMDのAPU搭載のAcer Chromebook 315

 Chromebookはこれまで、IntelあるいはARMのプロセッサ搭載製品しかなかった。AMDによると、APU「AMD A6-9220C」はWebブラウジングではIntelの「Pentium N4200」や「Celeron N3350」よりも23%高速という。写真編集では42%、オンラインゲームでは43%高速とも。

 Acer Chromebook 315の主なスペックは、プロセッサはAMDの「A4-9120C」あるいは「A6-9220C」、RAMは最大8GB、ストレージは32GBあるいは64GB(eMMC)。ディスプレイは15.6インチ(1920×1080ピクセル)で、タッチ対応と非対応の2種類ある。バッテリーは4670mAhで持続時間は10時間となっている。ポートはUSB Type-C 3.1×1、USB 3.0×2、3.5ミリのヘッドフォンジャックで、microSDカードスロットも備える。

 HPの「Chromebook 14」はプロセッサはAcerと同じで、RAMは4GB、ストレージは32GB(eMMC)でmicroSDカードスロット付き。ディスプレイサイズは14インチで、タッチ対応は1920×1080ピクセルだが、非タッチ対応は1366×768ピクセル。ポートはUSB Type C 3.1×2、USB 2.0×2、3.5ミリのヘッドフォンジャックで、バッテリー持続時間は9時間。

 amd 2 「Chromebook 14」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.