ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年01月09日 08時45分 公開

CES 2019:IBM、量子コンピュータ「IBM Q System One」を商用化したと発表

IBMが“世界初の商用統合量子コンピュータ”と謳う「IBM Q System One」を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米IBMは1月8日(現地時間)、“世界初の商用統合ユニバーサル近似量子計算システム”と謳う量子コンピュータ「IBM Q System One」を発表した。

 q 1 「IBM Q System One」

 量子ビットは振動や温度変化、電磁波の影響を受けやすいため、IBM Q System Oneは縦横が約2.7メートル(奥行きは記載されていない)の厚さ約1.3センチホウケイ酸ガラス製ケースで密閉されている。フレームはアルミとスチール製で、システムのクライオスタット、制御電子機器、ケースを一体化しており、振動干渉回避を可能にしているという。

 q 2

 同社はこの量子コンピュータのレプリカをCESのブースで展示している。

 同社は2017年には20qubit(量子ビット)の顧客向けオンラインサービス「IBM Q Network」を実現している。無料で一般に公開されているIBM Q Experienceでは、現在670万件を超える実験が行われているという。

 Q System Oneはまだハードウェアとして販売するわけではなく、ネットワーク経由で利用できるのみのようだ。IBMはIBM Q Networkの顧客に、ExxonMobilとCERNが加わったことも発表した。

 また、年内にニューヨークのポキプシーにIBM Q Quantum Computation Centerを開設することも発表した。このセンターは、IBM Q Network利用企業がアクセスできる量子コンピュータシステムを備える。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.