連載
» 2011年09月21日 11時00分 公開

GmailとGoogle Calendarの組み合わせより、便利かもSkyDeskでオシゴト(2/3 ページ)

[鳴海淳義,Business Media 誠]

GmailとGoogle Calendarの組み合わせより、便利かも

iPhoneアプリ「SkyDesk Mobile」のトップ画面

 外出先などではSkyDesk Mobileを頻繁に立ち上げ、用途によってDocsやCardsでデータを扱うという利用の仕方がメインになるだろう。

 SkyDesk Mobileを起動すると、トップ画面ですぐにメールやカレンダー、Docs、CRM、Cardsなど主要アプリの新着情報が一覧できるようになっている。

 受信メールを確認したり、新たにメールを作成したりするときは「Mail」をタップ。スマートフォンに最適化されたインタフェースでメールを読み書きできる。あらかじめPC版で設定しておいたグループのメンバーから宛先を選べるため、簡単にメールを送ることができた。


SkyDesk Mobileで受信メールを確認。メール作成の際は簡単に宛先を追加できる

 SkyDeskはクラウドベースのサービス。当然PC版とiPhoneアプリ版の操作はリアルタイムで同期する。例えばPC版で読んだメールはiPhoneアプリでもちゃんと既読になっているし、iPhoneアプリで作成したスケジュールはPC版にも反映する。


iPhoneアプリから追加したスケジュールはPC版にも同期する

 SkyDesk MobileはiPhoneから利用できるグループウェアアプリとしてかなり優秀だ。さくさく動くし、同期も自動であるため、外出先からのメールチェック、スケジュール確認には欠かせない。これまではGmailとGoogleカレンダーをSafariで開き、それぞれのタブを行き来していたが、それらの作業が1つのアプリで収まるのも非常に気持ちがいい。

もちろん位置情報はオン/オフを選択できる

 もう1つ便利なのは、PC版画面で中央に位置していた「アクティビティ」がまるでTwitterクライアントのように利用できる点。

 アクティビティとは、グループのメンバーで自分の近況をつぶやきあって、ゆるい情報共有をするアプリ。例えるなら企業内Twitterのようなものだ。

 SkyDesk Mobileからではつぶやきに位置情報も添付できるため、例えば待ち合わせの時に「ここで待ってます」という内容を投稿すれば相手にすぐ伝わるはず。アクティビティに関してはPC版よりiPhone版の方が便利だろう。


近況をつぶやく「アクティビティ」(PC版)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ