ソーシャル

新着情報

icon
テレワーク中のコラボレーション【後編】:

採用コンサルタント会社のHarvey Nashは、ロックダウンによって一部の従業員を一時帰休とした。同社はMicrosoft Teamsを活用して「あなたは1人ではない」と伝え続けた。その真意とは何か。

(7月15日 10時00分)
icon
アプリケーションモダナイゼーション【後編】:

メインフレームだけがモダナイゼーションの対象ではない。DEC Alphaサーバで稼働しているTru64 UNIXのデータベースは、一体どうしたらいいのか。事例からレガシーの近代化のヒントを探る。

(6月10日 10時00分)
icon
Alibaba vs. AWS、MS、Google【後編】:

トップクラスのクラウドプロバイダーに成長したAlibaba Cloudだが、欧米市場への進出には苦戦している。欧米のユーザー企業はAlibabaをどう見ているのか。採用の可能性はあるのか。

(4月15日 10時00分)
icon
災害復旧が失敗する6つの落とし穴【後編】:

IT部門はシステムやデータの扱いには慣れており、災害時の復旧手順も心得ている。だが復旧時は「人」が重要なファクターになる可能性がある。これを見落とすと痛い目に遭う可能性がある。

(3月18日 10時00分)
icon
CI/CDパイプラインの活用【後編】:

CI/CDパイプラインをいかに使うか。チェックインやリリースのタイミングはいつにするか。CI/CDパイプラインにどのような機能を持たせるか。識者の意見を聞いた。

(2月5日 10時00分)
icon
事例で見るコラボレーションツール導入【後編】:

Royal Bank of ScotlandはWorkplace by Facebookを導入してコラボレーション環境を確立した。同行が導入に成功したと見なす定量的な根拠とは何か。

(9月18日 10時00分)
icon
ユニファイドコミュニケーション新時代【後編】:

UCaaSの新規導入あるいは旧来のUCからの移行に際してまずやるべきことは、UCaaSの3つの導入形態を選択することだ。「こんなはずではなかった」を防ぐには、それぞれの長所と短所を理解する必要がある。

(9月4日 10時00分)
icon
IaaSとSaaSのコスト最適化【後編】:

使われているSaaSの把握が第一歩だが、全て把握できる単一の検出方法は存在しない。使われているSaaSの検出方法から、ユーザー部門も納得の一元化方法まで、SaaS管理のコツを紹介する。

(5月8日 10時00分)
icon
AWS vs. MS vs. Google(第3回):

AWSを忌避する企業もあれば、積極的に活用している企業もある。だが政府はAmazonに疑念を抱き、介入を強めている。

(4月3日 10時00分)
icon
AWS vs. MS vs. Google(第2回):

MicrosoftとGoogleがAWSから顧客を奪うことに成功した。AWSに対する小売業界の懸念と合わせるとAWSが劣勢に立たされているように見える。だが果たしてそれだけだろうか?

(3月20日 10時00分)
icon
クラウドコスト節約Tips(後編):

クラウドコストの適正化には、ソフトウェア資産管理のベストプラクティスが有効だ。しかし、事業部門による資産管理には限界がある。そこで重要度が増す要素とは?

(10月17日 10時00分)
icon
コラボレーションツールの功罪(後編):

コラボレーションツールによって集中力はそがれ、情報を見つけるのに時間がかかるようになる。コラボレーションツールの導入によって低下した生産性を上げるには、どうすればいいのか。

(10月3日 10時00分)
icon
トイザらスとAmazonの成功の分かれ目(後編):

「トイザらスは時間をかけて自分の棺おけを作っていた。Amazonが棺おけを作って、トイザらスをそこに押し込んだわけではない」。トイザらスはどこで間違えたのか。何を間違えたのか。

(8月8日 10時00分)
icon
ソフトウェア定義ストレージの進化(後編):

ソフトウェア定義ストレージ市場を活性化させるのは、個性的な新興企業だ。数あるサプライヤーの中から、注目に値する5つの新興企業とその製品を紹介する。

(7月18日 10時00分)
icon
マルチクラウド神話を打ち砕く(後編):

マルチクラウドは幻想にすぎない。プロバイダーのうたい文句通りにはいかない。それでもマルチクラウドが必要なのであれば、次善策を検討しよう。

(1月24日 10時00分)
icon
【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:

「世界一売れるフィナンシェ」として、3年連続でギネス記録に認定されたアンリ・シャルパンティエ。POSデータも整備されていなかった状態から、最近では、人件費なども含めたデータ収集や管理が進んでいる。それを指揮するのは“元ベテラン店長”だ。

(11月30日 08時00分)
icon
Microsoft Focus:

アジア全体からみても遅れが目立つ、日本の働き方改革。自らを「働き方改革推進会社」と名乗る日本マイクロソフトは、この状況をどうやって変えようとしているのか。

(11月8日 21時00分)
icon
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

目立たぬ時に解決できなかった抵抗勢力が「頑固な抵抗」にまで育ってしまったら……。理性的な判断力でを取り戻し、客観的な判断をしてもらうための対応策を紹介します。

(8月11日 10時00分)
icon
Microsoft Focus:

日本マイクロソフトの平野拓也社長が、2018年度の事業方針を説明。事業予測にAIを活用しビジネスの精度を向上しつつ、インテリジェントクラウド&インテリジェントエッジを中核に据えたクラウド戦略や、新たなゲーミングビジネス戦略などを示した。

(8月5日 10時00分)
icon
Computer Weekly:

大きな被害をもたらしたWannaCryは、実はお粗末なものだった。さらに、WannaCryの犯人は重大なミスを犯した。これが、ランサムウェア攻撃にとって分岐点となるかもしれない。

(7月19日 10時00分)

注目のテーマ