インタビュー
» 2015年11月04日 08時00分 公開

水曜インタビュー劇場(カレー公演):業績好調! カレーの「ココイチ」に、人が集まるワケ (3/7)

[土肥義則,ITmedia]

どうやって運営しているのですか?

宮崎: たくさんあるのですが、例えば、北海道では「森町ほたてフライカレー」、神奈川県では「よこすか海軍カレー」、静岡県では「しらすコロッケカレー」など。常に、全国で100種類くらいあるんですよ。1000店以上運営している外食産業で、これほどたくさんのメニューがあるのは当社だけではないでしょうか。

土肥: エリア限定、都道府県限定、店舗限定、期間限定……といった感じで展開されていますが、大変じゃないですか。

宮崎: 大変なんですよ。同じ業界で働いている人からは「どうやって運営しているのですか?」といった質問をよくされますね。

土肥: では……どうやって運営しているのですか? (笑)

宮崎: ははは。加盟店は1000店を超えていますが、当社はロイヤリティ(加盟店が本部の商品やノウハウを利用するときに支払うお金)をいただいていません。ただし、本部から食材を購入していただくようになっています。

土肥: ははーん、なるほど。たくさんのメニューを発売することで、たくさんの食材を買ってもらう。これがココイチの儲(もう)かっている秘けつですね(キラーン)。

宮崎: いえ、違います。オリジナルメニューの場合、食材を自分たちで買ってもいいことになっているんですよ。なので、本部は儲かりません。オリジナルメニューがどんどん増えていったら、利益のないモノばかりになってしまうんです。

土肥: 怖い、怖い。

宮崎: 本音を言うと、怖いですよ。

土肥: 本部が新メニューをどんどん考えて「はい、これ売ってくださいね。次は、これね」にすればいいのでは?

関西地区限定 牛すじ煮込みカレー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間