連載
» 2018年06月14日 12時10分 公開

ボコボコに打たれても、斎藤佑樹の不思議なポジティブ思考赤坂8丁目発 スポーツ246(4/4 ページ)

[臼北信行,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

いつまでユニフォームを着続けるのか

 そんな斎藤に対して、なぜ栗山監督は大甘発言を繰り返すのか。やはりフロントの意向をくみいれた上での“忖度”と思われる。

 こういう裏事情もあるから、斎藤は一軍マウンドで炎上を繰り返しても安泰でいられるのだ。この流れに図々しくも乗っかって、まるでうまく利用するかのように二軍と一軍を行ったり来たりしながらプロ野球選手として延命を続けている。周囲の声やブーイングにはいちいち過敏に反応せずスルーする。そしてマイナス材料も極力プラスにとらえるようにスーパーポジティブな解釈を常に心がける。

 図太すぎるとはいえ、このように常に物事をポジティブにとらえる斎藤イズムを、私たちも取り入れてみてもいいかもしれない。ただ、あまりやり過ぎると周囲から猛反発を食らうのが関の山なので、その辺りは留意しなければいけないだろう。

 いずれにせよ、一体どこまで斎藤はこんな投球を繰り返しながらプロ野球選手としてユニホームを着続けるのだろうか。持ち前の「鈍感力」を発揮しながら、どのような延命工作、あるいは弁明を用意しながら生き長らえていくのか。注目したい。

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2017年第4回まで全大会)やサッカーW杯(1998年フランス、2002年日韓共催、2006年ドイツ、2010年南アフリカ、2016年ブラジル)、五輪(2004年アテネ、2008年北京、2017年リオ)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -