ニュース
» 2018年11月21日 17時18分 公開

半数以上は“プライベート優先派”:17〜19歳の約4割は「65歳までに退職したい」 政府の「人生100年時代構想」目標とかい離

日本財団は11月21日、全国の17〜19歳を対象に「働く」をテーマに実施した調査結果を発表。日本政府が掲げる「人生100年時代構想」で目指す目標と若者の意識にかい離があったという。

[ITmedia]

 日本財団は11月21日、全国の17〜19歳を対象に「働く」をテーマに実施した調査結果を発表した。何歳まで働きたいかを聞いたところ、42.6%が「65歳未満」または「65歳」と回答し、日本政府が掲げる「人生100年時代構想」で目指す「70歳までの就業」と差があることが分かった。

photo 仕事とプライベートのどちらを優先したい?(=日本財団『18歳意識調査』調べ)

 仕事とプライベートのどちらを優先させたいかでは、「プライベートを優先」(53.0%)させたい人が「仕事を優先」(20.3%)させたい人のおよそ2.5倍に上った。

 転職についての考え方では、34.4%は「定年まで同じ職場で働きたい」と回答。その理由は「技術を極めたい」といった意見の他に、「安定した給料をもらいたい」「昇進したい」「退職金をたくさんもらえる」など待遇面を気にする声が多かったという。

 転職を希望する人(25.3%)からは「いろいろな体験がした」「キャリアアップしたい」「(ライフステージに合わせて)働きやすい環境で働きたい」といった意見が寄せられた。

photo 将来なりたい職業は?(=日本財団『18歳意識調査』調べ)

 将来なりたい職業が「ある」と答えた人は58.3%いた。なりたい職業のトップは「公務員」(15.7%)で、「会社員」(15.0%)、「エンジニア・デザイナー」(12.7%)、「医師・看護師」(9.2%)、「教師・学者」(8.8%)、「IT関連」(6.9%)、自営業(4.9%)――と続いた。

 調査は10月26〜28日にかけて、17〜19歳の男女を対象にインターネット上で実施。有効回答800件を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間