連載
» 2018年11月29日 11時47分 公開

赤坂8丁目発 スポーツ246:パッとしない本田真凜を、なぜ大企業とメディアは“ヨイショ”するのか (1/4)

女子フィギュアスケートの本田真凜が悪戦苦闘している。成績はパッとしないのに、なぜ大企業とメディアは彼女を擁護するのか。背景にあるのは……。

[臼北信行,ITmedia]

 このまま「かわいいフィギュア選手」で終わってしまうのか。女子フィギュアスケートの本田真凜が悪戦苦闘中だ。

 グランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯に出場し、ショートプログラム(SP)で4位につけたものの、フリーではミスが目立ち順位を落として結局6位止まり。GPファイナル(12月6日開幕、カナダ・バンクーバー)の出場も獲得ポイントがまったく足りず、当然ながらかなわなかった。

 目標としていた平昌五輪出場を逃し、心機一転を図っていたシニア2年目もパッとしない。シーズン初戦のネーベルホルン杯で6位、GPシリーズ第1戦のスケートアメリカでも8位とかなり苦しんでいる。

 それでも各メディアの“真凜推し”は相変わらずだ。つい先日も、彼女のInstagramが更新されただけでニュースになった。結果を残せなかったGPシリーズ第6戦フランス杯でのオフショットとして、リヨンのノートルダム大聖堂で撮影された写真を公開。今シーズンから師事している有名コーチのラファエル・アルトゥニアン氏とリンク上でハイタッチしている1枚も掲載され、これらについて各メディアが詳報した。

リヨンのノートルダム大聖堂で撮影された写真を公開(出典:本田真凜のInstagram

 その一挙一動が格好のネタとして追われる姿はアイドル並みの扱いだ。本業のリンクでは低空飛行が続いているのにもかかわらず、スポットライトを浴びせ続けているのだから違和感を覚えざるを得ない。

 ここまで出場した今シーズン、主要な3大会で惨敗した後も本田に関するニュースには「再出発」「リスタート」などといったお決まりの“ヨイショフレーズ”が大概添えられていた。たとえ結果がダメでも目をつぶって再三再四にわたり、これでもかと持ち上げようとする。各メディアが本田に一貫して厳しい指摘を向けず、未来のスター候補として太鼓持ちのような記事を書き続ける背景には、彼女を支える強力なバックアップ体制があるからに他ならない。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -