連載
» 2018年11月29日 11時47分 公開

赤坂8丁目発 スポーツ246:パッとしない本田真凜を、なぜ大企業とメディアは“ヨイショ”するのか (2/4)

[臼北信行,ITmedia]

仕立て上げられた「スター」

 本田はシニア2年目の今シーズンから取り巻く環境が大きく変わった。本格的なシーズンへ突入する前の4月には、幼少期から指導を受けていた濱田美栄コーチのもとを離れ、米国に拠点を移してすべてを一新。そして7月に入ってからは日本航空アイススケート部と所属契約を結び、さらには数多くの世界的な有名アスリートを抱える「IMG」とも新たにマネジメント契約を締結した。

 この点を踏まえた上で、事情通は次のように本田報道に関する内情を打ち明けた。

 「JAL所属となると、やはり広告関係のしがらみがあって主要メディアは、なかなかバッシングできない。それにも増して大きい存在はIMGだ。この会社は、自分の所属選手に不利益が生じることには容赦しない。それこそ本田にとってマイナスの記事を掲載した社には、“出禁”を通達することもありうる。

 そうなったら一般メディアはまだしも、スポーツメディアからすれば打撃を受けることは必至。だから各スポーツメディアは本田批判に及び腰になり、ご機嫌をうかがうような“ヨイショ記事”を掲載する。そういう流れが業界内にはあるのも事実だ」

本田真凜は復活できるのか(画像提供:Getty Images)

 ただし、これに補足すれば、各メディアの“本田推し”は今に始まったことではない。ジュニア時代から彼女は期待の超新星として、スポットライトを浴びせられていた。兄の太一、そしてオスカープロモーションに所属する妹の望結と紗来もスケート選手で、とりわけ各メディアから引っ張りダコとなる材料が豊富にそろっていた。当時は浅田真央に次ぐ新たなヒロインの誕生を求める日本女子フィギュア界のムードにも後押しされ、周りが半ば無理矢理に本田真凜をスターに仕立て上げようと先を急いでいたこともある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間