メディア
ニュース
» 2018年12月25日 18時00分 公開

ロボット・ITの導入効果は?:介護サービス業で働く人の「職場満足度」は? 上司や職場の雰囲気がポイント

介護サービス業で働く人の満足度は? リクルートキャリアは12月25日、介護サービス業の従事者を対象に実施した調査結果を発表。職場に「満足している」と回答した人は49.5%いた。

[ITmedia]

 介護サービス業で働く人の満足度は? リクルートキャリアは12月25日、介護サービス業の従事者を対象に実施した調査結果を発表した。職場に「満足している」と回答した人は49.5%と、前回調査時(2016年)から3.9ポイント改善した。

photo 介護サービス業で働く人の満足度は?(=プレスリリースより)

 満足度との相関関係が高いポイントの1位には「上司が何かあった時に職員を守ってくれる」(0.470)がランクイン。次いで「上司が職員一人一人の能力や持ち味をしっかりつかんでいる」(0.458)、「職員が楽しそうに仕事をしている」(0.454)、「上司が結果だけではなく職員の努力やプロセスを評価している」(0.443)、「経営層の判断は従業員の信頼を得ている」(0.438)などが挙がり、上司や職場の雰囲気が満足度に影響していることがうかがえた。

 勤務先での研修の有無との関係では、「新しい介護技術の研修」と「モチベーション研修」の両方を受講すると、職場に対する満足度が54.8%と最も高くなることも分かった。

photo ロボット・ITの導入効果?(=プレスリリースより)

 ロボット・ITを導入する介護施設の割合は前回調査時から4.3%増えた。ロボットやITを導入する施設で働く人(43.7%)は未導入施設で働く人(55.1%)よりも満足度が11.4%高かった。

 調査は8月10〜16日にかけて、現在またはこれまでに介護・福祉関連で働いた経験がある人1000人、働いた経験がない人500人を対象にインターネット上で実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -