ニュース
» 2019年01月12日 10時03分 公開

苦手意識を克服しよう:今年こそ“英語習得の年”に! 米国人講師に「読めるのに話せない理由」を聞いた (4/5)

[今野大一,ITmedia]

「実はできる」

――ブライアン先生のクラスを受講している人も恥ずかしがったりしていますか?

 英語が「実はできる」人が来ていると思っています。マインドセットさえ変われば、すぐにしゃべれるようになるのです。でも帰国子女でさえ、特に女性の受講生は英語を話すのを恥ずかしがりますね。もう十分英語ができるのに「もっと完璧になりたい」と思ってしまうのでしょう。完璧な英語ができたら何でもできるようになると多くの人が信じているのですが、コミュニケーションは英語という言語だけではないのです。逆にいうと完璧に英語を話せたとしてもできないことはあります。

 例えば笑顔や丁寧さも大事ですよね。英語はもちろん大事ですが、ビジネスにおいては英語以外にも大事なことが実はあるのです。VIPなクライアントに対しては相手にふさわしい気遣いや態度も求められます。きれいな言葉であいさつができたとしても、ビジネス的な観点で何かが不足している場合もあるのです。だから、全てを完璧にしようと思うのではなく、Just do it!!(やってみよう!!)なのです。慎重に考えているのなら、その姿勢を変えてください。

――自分が英語を聞き取れなかったり、理解できなかったりしたときには何と言えばいいのですか?

 Excuse me, can you repeat that?(すみません、もう一度言ってもらえますか?)と聞けばいいのです。I’m sorry, can you please repeat that? でもいいですね。

 早くて聞き取れなかった場合は、Can you say that again more slowly?(もう少し遅く、もう一度言ってもらえますか?)と言えば、ゆっくり話してくれるでしょう。フレーズが長くて覚えられない場合はPlease slow down(ゆっくりお願いします)でもいいですし、単にMore slowly please(ゆっくりお願いします)でも通じます。More slowly pleaseという表現はちょっと雑な言い方で、完璧な英語ではないのですが、十分に伝わります。恥ずかしがって何も言わないよりは、勇気を持って自分が知っている表現で発言してみることが大事です。

phot

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Business Days

- PR -