コラム
» 2019年02月05日 05時00分 公開

管理職になりたがらないワケ:女性の“成長意欲が低い”は本当か? (4/5)

[砂川和泉,パーソル総合研究所]
株式会社パーソル総合研究所

「副業・兼業」や「クリエイティブ・オフィス」、「テレワーク」が推進されている職場で女性の管理職意向が高い

 現在の働き方改革においては、長時間労働の是正がメイントピックに据えられています。職場の長時間労働是正は、女性が管理職として働きやすい環境を整える上でも有効であると考えられますが、女性管理職を増やすにあたって、果たしてそれだけで十分なのでしょうか。

 今回の調査結果から、働き方に関するどのような取り組みが女性の管理職意向に影響するかを見てみたいと思います。

図5 管理職意向<1年内に導入・強化された制度別>【ベース:成長意欲がある20代・30代女性正社員(非管理職)】 図5 管理職意向<1年内に導入・強化された制度別>【ベース:成長意欲がある20代・30代女性正社員(非管理職)】

 図5より、成長意欲がある20代・30代女性全体と比べて、「長時間労働の是正」やそのために必要である「業務の見直し」を推進している職場では女性の管理職意向が高くなっていることが見て取れます。しかし、それ以上に「副業・兼業制度」「クリエイティブ・オフィス」「在宅勤務・オフィス外勤務(以下、テレワーク)」を推進している職場で女性の管理職意向が高いことが分かります。「副業・兼業制度」を導入した職場では51.5%が管理職になりたいと答えており、20代・30代女性全体の平均20.0%と比べると2倍以上の水準となっています。

 なお、男性においても図6に示すように、長時間労働の是正よりも「副業・兼業制度」「クリエイティブ・オフィス」「テレワーク」を推進している職場で管理職になりたい人の割合が高くなっていますが、各種施策を推進していると全般的に管理職意向が高く、施策間に大きな差は見られません。

図6 管理職意向<1年内に導入・強化された制度別>【ベース:成長意欲がある20代・30代男性正社員(非管理職)】 図6 管理職意向<1年内に導入・強化された制度別>【ベース:成長意欲がある20代・30代男性正社員(非管理職)】

Copyright © PERSOL RESEARCH AND CONSULTING Co., Ltd.All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間