調査リポート
» 2019年03月01日 17時20分 公開

やっぱりお金が大事:転職理由の「本音と建前」ランキング、それぞれ1位だったのは……?

エン・ジャパンの調査で、約半数の転職者が会社を辞める際に本当の転職理由を伝えていないことが判明。企業に伝える建前は「専門性を発揮したい」、本音は「上司と合わない」などが多かった。それぞれ1位だったのは……?

[ITmedia]

 約半数の転職者は、会社を辞める際に本当の転職理由を伝えていない――。人材会社エン・ジャパンが調査した結果、こんな事実が分かった。調査によると、企業に伝える理由のうち最も多かったのは「仕事の領域を広げたい」(68%)。一方、本当の理由は「報酬を上げたい」(57%)がトップだった。

 「もっと成長したい」という前向きな理由を伝えつつ、本当は「もっと稼ぎたい」と考えている人が多いことが分かり、同社は「本音と建前に大きなギャップがある」とみる。

photo 転職理由の「本音と建前」ランキング、トップ3(=エン・ジャパン調べ)

 企業に伝える理由の2位も「専門スキルや知識を発揮したい」(59%)と表向きはポジティブなもの。それに対し、本当の理由の2位は「職場の人間関係が合わない」「評価に納得できない」「上司と合わない」(いずれも40%)という不満が並んだ。

 ただ、両者ともに3位は「会社の将来に不安を感じる」(28%)。“本音と建前”を使い分けず、ネガティブな退職理由をそのまま伝える層も存在した。

ほかにどんな「本音と建前」がある?

 企業に伝える理由は上記のほか、「社内で希望する部署に異動できない」(23%)、「ライフステージの変化に応じて働き方を見直したい」(11%)などが挙がった。

 本当の理由は「(不本意な)転勤・異動を伝えられた」(23%)、「社内にやりたい仕事がない」(11%)などが多かった。

photo 転職理由の「本音と建前」の詳細(=エン・ジャパン調べ)

 調査は2月1〜13日にかけて、同社のサービス「ミドルの転職」を利用する転職コンサルタント118人を対象に実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.