調査リポート
» 2019年02月27日 12時54分 公開

自分を変えない限り負の連鎖は続く:「職場の人間関係がイヤ」で転職した人は、新しい環境にも不満を持ちやすい 調査で判明

「職場の同僚が気に食わない」といった対人関係の不満を理由に転職をした人は、次の会社にも不満を抱きやすい――。人材会社エン・ジャパンの調査でこんな事実が判明。回答者からは「他責で自己改善を図れない人は、結局また不満を持つことになる」などの指摘が出た。

[ITmedia]

 「職場の同僚が気に食わない」といった対人関係の不満を理由に転職をした人は、次の会社でも不満を抱きやすい――。人材会社エン・ジャパンの調査でこんな事実が明らかになった。

 同社が約100人の転職コンサルタントに意見を聞いた結果、前職の上司・同僚と合わずに会社を辞めた人は転職先の満足度が低く、「成長するため」などと前向きな理由で会社を辞めた人は転職先の満足度が高いという意見が多く挙がった。

自己改善を図れない人は、結局また不満を持つ

 調査によると、転職に成功したにもかかわらず、新しい会社への満足度が低いビジネスパーソンの中には、「上司と合わない」(42%)、「職場の人間関係が合わない」(40%)といった後ろ向きな理由で前職を辞めた人が多数存在した。

 「評価に納得できない」(26%)、「社内で希望する部署・仕事に異動できない」「仕事の進め方が合わない」(ともに15%)といった不満で転職した人も多かった。

 転職コンサルタントからは「人間関係の悪さは自らに起因しているところもあるため、他責で自己改善を図れない人は、結局また不満を持つことになる」などの指摘が出た。

photo 新しい会社への満足度が低いビジネスパーソンの転職理由(=エン・ジャパン調べ)

やりたい仕事が明確な人はうまくいく

 一方、転職先に満足している人は、「専門スキルや知識を発揮したい」(44%)、「仕事の領域を広げたい」(31%)など前向きな理由で前職を辞めた人が比較的多かった。不満を持つ層も存在したが、「今後成長できるイメージが持てない」(19%)など、人間関係ではなく環境に課題感を持つ人が多かった。

 転職コンサルタントからは、「自身の強み、できる仕事、やりたい仕事が明確な方は、その基準に基づいて会社を決めるので、うまくいくケースが多い」「自身のスキルを発揮できる環境に転職するので、仕事上のギャップは生まれにくい」などの声が挙がった。

photo 新しい会社への満足度が高いビジネスパーソンの転職理由(=エン・ジャパン調べ)

 調査は2019年2月1〜13日にかけて、エン・ジャパンのサービス「ミドルの転職」を利用している転職コンサルタント118人を対象に、インターネット上で実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.