コラム
» 2019年03月13日 13時28分 公開

Appleの財務を分析する:Appleの純資産は7年前から減少? 投資家目線なら分かるその理由【全文公開】 (1/7)

成長が鈍化したとはいえAppleの売上は巨大ですし、毎年多額の利益を出しています。にもかかわらず、その利益を貯めておく純資産は、今や横ばいです。Appleの事業の歴史を簡単に振り返るとともに、その理由を読み解いていきます。

[hiro,ITmedia]
(写真提供:ゲッティイメージズ)

 Appleという会社にどのような印象をお持ちでしょうか? 

iPhoneがものすごく売れている企業、多額の利益を出している企業、時価総額世界一の座を争っている企業……。

 ところが、企業が過去に出した利益を貯めておく場所である「純資産」は、7年前から増えているどころか横ばい、2018年度は7年前を下回っていることを知っていますか? 

Appleの純資産推移(2000年〜2018年)(単位:百万ドル ソース:Apple年次報告書)

成長が鈍化したとはいえAppleの売上は巨大ですし、毎年多額の利益を出しています。にもかかわらず、その利益を貯めておく純資産が横ばいなのはなぜか。Appleの事業の歴史を簡単に振り返るとともに、その理由を読み解いていきましょう。

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集