ニュース
» 2019年07月05日 07時30分 公開

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:『AKIRA』悲願のハリウッド映画に! 日本作品の実写化が止まらない真相 (1/6)

『AKIRA』が17年越しでハリウッド実写化についに日の目。背景には日本アニメを取り巻く世界市場の変化がある。アニメ・映像ビジネス報道の第一人者が斬る。

[数土直志,ITmedia]

 第三次世界大戦後のネオ東京を舞台に、世界の存亡を左右する力を秘めた少年アキラを巡ってさまざまな勢力の思惑が交錯する。数々の事件が巻き起こり、怒涛(どとう)のラストに突き進む。大友克洋氏の傑作マンガ『AKIRA』だ。1988年には大友氏自身が監督を務め劇場アニメ化された。マンガ史、アニメ史の中で欠かすことのできない、日本が世界に誇るSFの金字塔だ。

 この『AKIRA』が、2021年に新たなかたちで人々の前に姿を見せることになった。19年春、ハリウッド実写映画版『AKIRA』がいよいよ本格的に製作に向かうことが決まった。

photo 待望のハリウッド実写版映画が現実味を帯びてきた『AKIRA』。こちらは建て替え中の渋谷PARCO前に設けられたアートウォール(東京都渋谷区)

「企画はあるが実現しない」ハリウッド実写化の代表

 実写映画化決定の最初の情報は、4月のカリフォルニア州政府機関のカリフォルニア・フィルム・コミッションによるものであり、少し変わっている。映画製作助成をする同組織が、映画『AKIRA』に対して税制優遇をすると発表した。税額控除の対象となる映画製作の支出だけで9200万ドル(約100億円)もの巨額と、かなりの大作だ。フィルム・コミッションがわざわざ発表する理由でもある。

 5月になると今度は製作を担当するワーナー・ブラザースが、『AKIRA』の公開日を2021年5月21日にスケジューリングした。

 米国のメディアでは毎日のようにハリウッドの新作映画企画が報じられるが、中には実現しないものも多い。しかし配給会社が決まり、公開日が定まれば、映画の実現はほとんど決まったも同然。製作は人気俳優でもあるレオナルド・ディカプリオがプロデューサーを務める制作会社アッピアン・ウェイ、監督は『マイティ・ソー バトルロイヤル』などで活躍するタイカ・ワイティティ。それにハリウッドメジャーのワーナー・ブラザースの製作・配給となれば盤石の体制である。

 しかし映画事情に詳しければ、それでも映画の実現性を信じ切れない人も多いかもしれない。それもそのはずで、『AKIRA』のハリウッド実写映画化はこれまで何度もうわさになり消えていった、いわくつきなのである。企画はあるが結局実現しない、日本コンテンツのハリウッド実写化企画の代表と見られてきた。

 ハリウッドにおいて『AKIRA』がたどってきた道を、振り返ってみよう。実写映画化決定が初めて世に伝えられたのは2002年、いまから17年も前である。当時はワーナー・ブラザースが権利を獲得し、ジョン・ピーターズがプロデュースするとメディアが報じ、脚本家の名前も挙がっていた。アメリカでは1989年にアニメ映画『AKIRA』が小規模公開された際に高く評価され、クリエイティブ層に熱烈なファンを多く生んでいた。当時のそうした状況が反映されていたのだ。

photo 日本製コンテンツを元に実写化した主なハリウッド映画(筆者作成)

 ニュースを受け取った日本側は大きく沸き立った。同時に半信半疑でもあった。日本コンテンツのハリウッド映画がほとんどない時代である。しかし、やがて日本でも「実写化決定」は映画化権利の獲得であり、実際の製作に行き着くにはさまざまな障害があることが知られるようになる。その後、『AKIRA』は数え切れないほどの監督や脚本家の候補がうわさされるも、実現しないまま十数年間も企画が漂う。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間