連載
» 2019年07月05日 08時00分 公開

「序列へのプライド」を捨てられない人に要注意:変化の時代のお荷物、「上下関係にこだわる人」を見分ける方法 (1/4)

「俺のところに会議の出席案内きてないけど?」「何で部長に言う前に、俺のところに持ってこないの?」「これ、席順が間違ってるだろ」――。そんな「序列へのプライド」を捨てきれない旧人類を見分ける方法とは?

[安達裕哉,Books&Apps]

この記事はティネクトのオウンドメディア「Books&Apps」より転載、編集しています。


 ティネクトのオウンドメディアに掲載された、「『エライ人=管理職』をやめようとして大失敗した話」を読んで思い出した話があったので、書いてみたい。

 この話のキモは、なんといっても次の部分である。

 細かい不満はいろいろとあったわけですが、突き詰めてみると

 「コーディングがでるのはいいんだけど、ぶっちゃけ、職位が下のヤツにあれこれ管理されるのはなんか嫌」

 ――という、言ってしまえば極めて感情的な問題が、その状況の根本的な原因だったのです。

 このように会社には、「格付け」やら「序列」やらに強いこだわりを見せる人が、本当にたくさんいる。彼らはわずかでも「軽んじられた」と感じると、子供のようにすねてしまう。

 例えば、こんな具合だ。

 「俺のところに会議の出席案内きてないけど?」

 「何で部長に言う前に、俺のところに持ってこないの?」

 「これ、席順が間違ってるだろ」

Photo

 それは極めて強力で、冷静な判断、合理性や優先度を簡単に吹き飛ばしてしまう。いや、突き詰めると、社内のトラブルの根源は、ほとんど全てが「序列へのプライド」と言っても良いかもしれない。

 給料への不満しかり。

 昇進昇格に関わる足の引っ張りあいしかり。

 縦割りによる部門のいがいみあいしかり。

 パワハラしかり。

 例えばこんな記事がある。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間