調査リポート
» 2019年07月10日 14時12分 公開

産業医500人に聞く:働く人のメンタル不調の原因、1位は「職場の人間関係」 管理者ができることは?

医師専用コミュニティーサイト「MedPeer」などを運営するメドピアが、「従業員のメンタル不調」に関するアンケート調査を実施。産業医500人にメンタル不調の原因を聞いたところ、1位は「職場の人間関係」だった。

[ITmedia]

 従業員のメンタル不調の原因は? 医師専用コミュニティーサイト「MedPeer」などを運営するメドピアが産業医500人に聞いたところ、1位は「職場の人間関係」だった。

photo 産業医が考える従業員のメンタル不調の原因は?(画像提供:ゲッティイメージズ)

 特に問題となっているのは「上司との人間関係」で、回答した医師からは「上司と相談した上で目標設定を行っているはずだが、無理をしているように感じることがある」「新人が業務を分かりやすく教えてもらえない状況が続いて鬱になり、精神科を受診して1カ月休職になったケースがある」といった意見も出ている。

 2位は「長時間労働/業務過多」、3位は「パワハラ」で、その後「仕事の難易度/能力・スキル不足」、「目標達成へのプレッシャー」と続いた。

photo 従業員のメンタル不調の原因で多いものは何か?(3つ以内で選択)(メドピア調べ)
photo 「職場の人間関係」で最も多いのは誰との関係?

 メンタル不調の可能性がある人には、どんなサインが表れるのか。1位は「遅刻や欠席が増える」で、次いで「表情が暗くなる」「ミスが増えたり、作業効率が落ちる」「睡眠不足、不眠になる」だった。

 回答者からは「突発的な休み、特に月曜日の休みが多くなる」「ミスが増えて自責的になる」「健康状態に問題はないのに、急に腹痛や頭痛を強く訴える」といった具体例も寄せられている。また経営や人事に対しては、早期発見のために「従業員との日常的な会話」や「定期的な面談」を勧める声が多かった。

photo メンタル不調の可能性がある人に表れるサインは?
photo

 調査は6月4日から7日にインターネット上で実施。医師専用コミュニティーサイト「MedPeer」に登録し、現在産業医として働いている医師500人から回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.