メディア
連載
» 2019年10月11日 07時00分 公開

休日も“心”は疲弊 働きがいに影を落とす「休み方」の落とし穴河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」(2/5 ページ)

[河合薫,ITmedia]

20代の若手ほど「働きがい」が低い

 分析の結果、

  • 正社員では29歳以下の若手ほど働きがいを感じていない
  • 役職が上がるほど働きがいが高まる
  • 働きがいが高い企業ほど入社3年後の定着率が高まり、企業の労働生産性も上がる

 ことが分かりました。

 具体的にワーク・エンゲイジメント・スコアで比較すると……、

  • 正社員全体が3.42だったのに対し、限定正社員は3.51と高い
  • 60歳以上は3.70だったのに対し、29歳以下は3.29と全体平均を下回った
  • 「部長相当職以上」が3.76だったのに対し、「役職なし」が3.33と最も低い

 という結果に。

年齢や役職、職場環境と「働きがい」の関係とは(写真提供:ゲッティイメージズ)

 また、職場環境との関係性では以下のことが分かりました。

  • 職場の人間関係やコミュニケーションが円滑なほど、働きがいは高い
  • 労働時間の短縮が進み、柔軟性の高い職場ほど、働きがいは高い
  • 裁量権が高い職場ほど、働きがいは高い
  • 将来のキャリア展望が明確なほど、働きがいが高い
  • 非正規社員が差別的な扱いを受けていると感じている人ほど、働きがいが低い

 ……とまぁ、ここまでの結果だけなら先行研究を追従するもので、真新しいものではないのですが、興味深かったのが、今回の報告書では「休む権利」と働きがいの関連も分析していた点です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -