メディア
調査リポート
» 2019年10月30日 15時10分 公開

大企業と中小企業、実際に休みや残業が多いのはどっち? 政府統計で明らかに厚生労働省発表(2/2 ページ)

[鬼頭勇大,ITmedia]
前のページへ 1|2       

休日数は大企業が有利?

 年間休日の数はどうだろうか。こちらは、企業規模が大きいほど、休日が多い傾向にある。1企業当たりの平均は、108.9日で、前年調査の107.9日から1日増えた。企業規模別に見ると、「1000人以上」が最も多い115.5日。最も少ない「30〜99人」は107.5日だった。

 有給休暇については、労働者1人平均の取得日数は9.4日だった。性別ごとに見ると、男性が9.0日、女性が9.9日だった。企業規模ごとに見ると、「1000人以上」が最多で10.9日。最も少なかった「30〜99人」の8.2日と比較すると、2日以上も開きがある。

 19年に働き方改革関連法が施行され、それぞれの「意識」だけでなく、企業における実際の「制度」においても旧来のスタイルからの変更が求められている。繰り返しになるが、今回の調査は18年中の実態を表したものなので、まだ法施行の影響は分からない。企業が時代に即して変化できたかどうかの真価は、20年の調査で問われることになる。

企業規模によっては2日以上の差が(出所:厚生労働省「平成31年就労条件総合調査」)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -