金融ビジネス最前線〜デジタル活用のヒントを探る〜
連載
» 2019年11月01日 07時47分 公開

新連載・古田拓也「今更聞けない金融ビジネスの基礎」:日本国債に“元本割れリスク”? 財務省は「元本割れなし」主張 (1/4)

財務省のページには、日本国債は「元本割れなし」。一方で販売する銀行のページには、「元本割れとなるリスクがある」。結局国債は元本割れするのかしないのか?

[古田拓也,ITmedia]

 国債は「手軽」で「安心」、元本割れなし――。

 コクサイ先生と呼ばれる、個人向け国債のキャラクターをあしらった財務省の個人向け国債ページ。そこには「元本割れなし」としっかり記載されていた。

財務省の個人向け国債ページ。「元本割れなし」の表記に、特段注釈などは付されていなかった

 しかし、少なくとも民間の金融機関はそのような認識を持っていないようだ。

 三井住友銀行の個人向け国債ページでは、ページの最上部に、「個人向け国債には元本割れとなるリスクがあります」との注記がある。その中身を確認すると、個人向け国債の発行体である国の財政難などにより、利払いや償還が遅延したり不能になったりする、いわゆるデフォルトリスクがある旨が言及されている。

三井住友銀行の個人向け国債ページ。最上部には目立つ赤文字で、個人向け国債の元本割れリスクについて記載されている

 通常、国と民間で、同じ金融商品の解説が真っ向から対立することは異常とも思える事態だ。このような表記の違いが発生しているのは一体なぜだろうか。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間